タトゥーがあっても大丈夫?「タトゥーOK」のセクキャバ求人に応募するときの注意点

現代では若年層のタトゥーに対する偏見や印象が柔らかくなってきています。が、まだ広い年代では普及しきれてないようです。肌の露出があるセクキャバではタトゥーがある女性は働けるのでしょうか。「タトゥーOK」のセクキャバに応募する際の注意点など解説していきます。

実はタトゥーOKのお店が多い!

結論から先に言うと、タトゥーOK/タトゥー歓迎にしているお店は多いです。
採用基準としてタトゥーNGにしていることはありません。タトゥーが入っていることで、選べるお店が激減してしまうような状況ではありません。
ファッションの一つとしてタトゥー(フェイクタトゥー含め)を気軽に入れる女性が多い時代。お店側も少しでも働いてくれる女性を増やしたい背景があります。

ただ普通の接客業と違い、肌の露出が多くあらゆるお客様と接することもあり、万が一の配慮としてタトゥーが見えない服装」や「タトゥーを隠せるシールの貼付」をすればOKとしているお店も多いです。
反対に「和」がコンセプトのお店ではあえてタトゥーを露出させることで「花魁風」を装うことができ、歓迎されるかもしれません。
ただOKのお店は多いと言っても、お店のコンセプトによってはNGとしている場合もありますので、面接の時にしっかりと確認するようにしてください。

入店してからの注意点

例えばワンポイントタトゥーでしたらあまり目につかないかもしれませんが、大きさやデザインが特徴的なものや名前のタトゥーを入っていた場合印象に残りやすく、セクキャバのときとは違う服装・メイクをしていたとしても外でバレてしまう可能性があります。
出勤の際には、家を出るときからタトゥーを隠しておいた方が良いでしょう。
特にHPのプロフィール用の写真撮影の際には、広く知れ渡ってしまう危険があるので確実に隠した方が安全です。お店もそこは配慮してくれるので対応してもらいましょう。

大切なのは見た目だけではない

容姿やスタイルだけが優遇されるわけではないのがセクキャバです。
容姿に自信のなかった女の子がお客様の話を上手に聞くことやプレイのテクニックを磨くこと、そして人柄を磨くことでお客様から多くの指名をもらうようになった…そんなエピソードはたくさんあります。

タトゥーも一つの個性であり、自己表現です。タトゥーの露出OKのお店で接客したとして、そこが好きだと言ってくれるお客様もいるかもしれません。
タトゥー以上にお客様はその人自身をよく見ています。大切なのは礼儀やマナー、笑顔です
タトゥーに対して偏見を持たれるかもしれませんが、あまりネガティブに捉える必要はありません。

セクキャバへ来店されるお客様の好みも様々なので、お店側も色々なタイプの女の子を揃えたいと思っています。
タトゥーを隠してならOKのお店が多いこと、そしてむしろ見せてもOKなお店があります。

ただ本当はタトゥーがあるのにそれを隠して、タトゥーNGのセクキャバで働きはじめてしまっては後々トラブルになりかねません。なので、どこのお店であれ面接の際にはタトゥーがあることを正直に言いましょう
よっぽどのことでなければタトゥーが理由で不採用になることもありませんし、タトゥーを隠して働けるような配慮をしてくれるはずです。
また、セクキャバよりももう少しソフトな「いちゃキャバ」では、キスや生おっぱいのお触りがNGとしているため、服を脱ぐなどの過激なサービスがないので不安な方にはオススメです。
30バイト」ではセクキャバの求人もしくはタトゥーOKの求人をまとめてチェックできるので、ぜひ自分に合ったお店を見つけてくださいね♪

「セクキャバ」の求人を探す!

「タトゥーOK」の求人を探す!

The following two tabs change content below.
Timmy

Timmy

幅広いニーズに柔軟に応えるWebライター。コツコツ型。知らないジャンルもしっかり調べてなんでも書きます!アイコンはみんな大好きチーズケーキ。差し入れ大歓迎~(*´○`)♪