潮吹きとGスポットの密接な関係【やり方解説】キャスト必見!

潮吹きとGスポットの密接な関係【やり方解説】女性必見!(画像つき)

“女性の射精”と言われる『潮吹き』現象。風俗店でアピールポイントになるので習得しておきたい技ですよね!性感帯を開発と言われても「Gスポットってどこ?潮吹きの方法がわからない!」と悩める女性キャスト必見!潮吹きのメカニズムや方法をご紹介いたします。

潮吹きって知ってる?

90年代以降のAVなどで良く目にするようになった、女性のアソコから「プッシャー!!」と勢い良く飛び出す謎の液体!!どうも透明っぽいし、尿とは違うみたい…。これがいわゆる“女性の射精”と言われる『潮吹き』という現象なのですが、実はまだ解明されていないこともあり、ひとつの神秘現象でもあります!

風俗店勤務かどうかに関わらず、一生経験しない人もいるかもしれないこの現象。そう、「誰でも気軽に潮吹きできる」わけではありません。だから「潮吹きしたことない」という女性はそれが普通です、ご安心ください!
※オナニーである日ふと自分が潮吹きできることに気づいたという女性もいます。まさに人それぞれ。

ところが、AV女優さんがシャーシャー潮吹きしている作品を見ている男性にとって、潮吹きは「やってみたいエッチテク」の1つ!女性を潮吹きさせることで“男性としてのプライド”を実感するらしいです!!それならばお客様を喜ばせる演出の一つとして、ぜひ習得したい技ですよね!

でもAV女優さんがあんなにあっさり潮吹きできるのは、たぶん何かしら事前に仕込んだテクニックがあったり、相手の男優さんがベテラン(プロ)ということもあるはず…。風俗で働く普通の女性&素人の男性では、すぐに潮吹きできるようになるわけはありません。潮吹きするためには、性感帯の一つでもある『Gスポット』などをゆっくり開発していく必要があるのです!

今回は「Gスポットってどこにあるの!?どうすれば潮吹きできるの!?」と悩める女性キャスト必見!潮吹きのメカニズムやGスポットとの密接な関係性をご紹介します!

そもそも“イク”ってどういうこと?

気になる『潮吹き』や『Gスポット』についてご紹介する前に、まずは“イク”という感覚について説明します!

女性の中には、多くの男性との経験を経て『絶頂を迎える=オーガズムに達する=イク』という感覚を得たことがある方がいれば、何人かと経験してはいるものの、実は今までに一度もこの感覚を味わったことがないという方もいるようです。既婚・未婚や年齢、経験人数に関係なく、この感覚を得られるかどうかやその感じ方は千差万別!場合によっては、実際イっているのにそのことに気付いていないという女性もいます。

それくらいに繊細な感覚でもあるのですが、男性の射精のようにイクことをわかりやすく表現できるわけではないので、接客中にお客様の興奮を高める演出のために、本当は絶頂を迎えていなくても「イク♡イッちゃう♡」と喘ぎ声をあげる女性キャストもいます。もちろんお客様が喜んでくれるならそれでOKですよ!

とは言え、これまでにイク経験をしたことが無い方にとっては、この未知なる感覚に興味をお持ちだと思うので…。簡単に説明すると、一般的な“イク”時の感覚とは、『膣の筋肉が短時間で収縮するような感覚で力が入った後に脱力し、全身が震え上がるように「ビクッ!! ビクンッ!!」と痙攣する』と表現されています。人によっては、「頭の中が真っ白になる」とか「一瞬呼吸が止まるような感じがする」と表現する方もいますが、その感じ方は本当に様々!
ちなみに、女性がイった瞬間の男性の感覚としては「男性器が締め付けられる、吸い込まれる」という感触があるようです!

すぐにイケちゃう性感帯の代表選手!! クリトリス(陰核)はココある!

※画像は女性のIラインを正面から見たイメージです。

女性がイキやすい性感帯として代表的なものに“クリトリス”や“Gスポット”、“ポルチオ(ボルチオ)”があげられますが、一般的にクリトリス<Gスポット<ポルチオ(ボルチオ)の順に感度が倍増していくと言われています。

その中で初めに開発されるのが“クリトリス(陰核)”といって、膣口の周りを囲む小陰唇(ビラビラ)をなぞって、おへそ側の一番上に位置する直径5~10ミリくらいの突起物です!
この部分は快感神経が集中している敏感な器官で、一説には女性がオーガズムに達するためにだけに存在するとも言われており、ここへ指や唇などで性的刺激を与えてみると、簡単にイクことができます。

時間をかけて開発される性感帯『Gスポット』ってどこにあるの!?

すぐイキポイントであるクリトリス(陰核)に対して、時間をかけて開発されるのが“Gスポット”です!クリトリスのように外側へ出ている突起物ではないので「よく名前を耳にするけれど、イマイチその存在や位置がわからない…」という方も多いはず。このGスポットを開発することで、短期的な快感をもたらすクリトリスとは異なる、あるいはそれ以上の快感を得られるのです!それだけでなく、男性の憧れとも言われている“潮吹き”を経験できる可能性が高まるのです!

プレイ中にあの「プシャー」という潮吹きが出来れば、お客様を視覚的に喜ばせる演出として重宝すること間違いなし!! 彼女や奥さんを潮吹きさせられない男性が、“男性としてのプライド”を確認すべく通ってくれるようになるかもしれません!

そんな重要な性感帯であるGスポットですが、その名前の通り“スポット=場所”のことを言い、具体的に「ココにある」と断言はできないのですが…。一般的には膣口から膣壁つたいに2~4センチほど入った付近(中指の第二関節を曲げた時に指の腹があたるところ)のおへそ側にある、コイン大のザラザラとした皮膚感覚のエリアのことを言います。人によってはザラザラしておらず、ツルツルしている場合もあるそうです!

ちなみにこの場所は膣壁を挟んで向こう側に膀胱があるあたりなので、Gスポットを刺激すると「おしっこをしたい」という感覚を伴うことも!そのため、ここを責められて潮吹きしたときに「漏らしちゃった?」と思う女性もいます。

Gスポット以上の性感帯!? 子宮口付近にあるポルチオ(ボルチオ)!

Gスポットと同様に時間をかけて開発されるのが“ポルチオ(ボルチオ)”です!膣の奥にある子宮口付近の子宮頚部にあるコリコリとした感触の突起物(子宮膣部)で、通常はこの部分をあまり指で触れることはできないのですが、一度イッた後ならば子宮口が下がってくるので、実際に指で触れられるようになります。

ポルチオ(ボルチオ)でイクと、クリトリスやGスポットでイク時以上、あるいはそれとはまた違うジワジワと深い快感が訪れると言われています!

外イキ(クリイキ)と中イキ(膣イキ)の違いって何!?

上記でご紹介した3つの性感帯のうち、クリトリスでイクことを『外イキ(クリイキ)』、Gスポットやポルチオ(ボルチオ)でイクことを『中イキ(膣イキ)』と呼ぶのが一般的です。どちらも快感をもたらしてくれますが、外イキは短時間で一気に強烈な快感を得てすぐに落ち着く傾向があり、中イキは到達するまでに時間がかかる反面、絶頂を迎えた後の快感が長続きするので、両方を経験した女性からは「外イキよりも中イキの方が気持ち良い」という意見が多く見られます!!

Gスポットでイク=潮吹きするの?

潮(謎の液体)の量

『潮吹き』は、その様子がまるでクジラが潮を吹くように液体が飛び出す様子からこのように呼ばれています。しかしAVのように盛大に潮吹きすることはまれで、一般的には霧吹きで2~3回プッシュしたくらいから、多くてもコップ1杯前後の量と言われており、場合によっては潮を吹いていることに気付かない量ということもあるようです。

もしかして:尿?

量が少ないというのなら、「AVで見るあの盛大な潮吹きはいったい何なの!?」という疑問が浮かびますよね。実はあの潮吹きの正体は、映像作品の演出として“ド派手な潮吹き”となるように、女優さんが撮影前に大量の水分を補給した上で、男優さんに膣側から膀胱を刺激されて尿を排出しているという噂もチラホラ!! もちろんキャストの皆さんも、お仕事をする上で演出として同じ方法を利用してもOKです!

AV作品のような演出ではなく、一般的な潮吹きの通説では“Gスポットを刺激された時に、尿意に似た感覚を伴って女性がオーガズムに達する直前に無意識に排出される分泌液”とされていますが、実はその分泌液の正体が何なのかは、まだ医学的に解明されておりません!
結局、Gスポットは膀胱の裏側に位置しているので、ここを刺激されることで潮ではなく尿を排出してしまっても、あながち間違いではないのかも!?

イかなくても、潮吹きできなくても大丈夫

重要なのは、必ずしも“Gスポットでイク=潮吹きする”というわけではないということです! 実際には、オーガズムを迎える直前あるいは最中に潮吹きすると言われており、潮吹きした瞬間に「(性的に)気持ちイイ♡」と感じる人は少ないようです。

人によっては、いつの間にか潮を吹いていたり、オーガズムと同時に潮を吹くこともありますが、もともと潮を吹きづらい体質や、中イキ(膣イキ)はするけれども潮吹きしないという女性がいたりと、本当に千差万別!! つまり、『オーガズムに達する=潮吹き』ではないので、これまで潮吹きをしたことが無く「私、今まで本当はイっていなかったのかも…」と不安にならなくても大丈夫ですよ!イキやすいかは個人差がありますし、男性との相性もあります。男性経験の数には関係がないので、「お仕事でよく手マン・指入れされるけど中イキしたことない…」という女性がいても全然変なことではありません。

潮吹きのメカニズムとその正体とは!?

現代の医学を持ってしても、まだ解明されていない女性の神秘でもある『潮吹き』ですが、そもそも潮の正体が何なのかについては諸説あるようです。

💡潮が排出される場所が尿道口であるとする単純な「尿失禁」説

💡膣口から排出されるとする「愛液」説

💡尿道口あるいはその左右にあるスキーン腺から排出されるとする「尿の成分は含まれるものの、全く別のスキーン腺液(女性の前立腺液)」説

…など様々!最近の研究では「潮は尿道から排出されるものの、尿とは成分が異なる」という報告があり、その成分には男性の前立腺から分泌される液と同じ酵素が発見されていることから、『女性前立腺液(スキーン腺液)=潮』とする説があるようです。

実際に潮と尿を比べてみると、潮は一般的にサラサラかつ無色透明(あるいは少し粘り気があり乳白色)の無味無臭で、汗に近い液体であることが多く、尿はご存知の通りに有色でツーンとした臭いがあります。とは言え、潮には尿の成分も含まれているので、場合によっては少し尿の臭いがあるかも!!

潮を吹くメカニズムとしては、Gスポットを刺激されることで、スキーン腺が刺激を受けて液体が溜まり、スキーン腺あるいは尿道口へあふれ出て緊張が緩んだ瞬間に一気に排出される現象が『潮吹き』と考えられているようです。人によっては、潮吹きした感覚が全く無いという方がいれば、ずっと我慢していた尿を一気に排出したような快感があるという方もいるようです!

潮吹きをする方法は?

まずはオナニーでお試し

男性だけではなく、女性も潮吹きに興味はあるけれど、やり方がわからないという方は多いのではないでしょうか? 一般的な潮吹きの方法としては、女性が一人でオナニーをするか、男性による手マンあるいは男性器の挿入と言われているのですが、最も手軽に試せる方法はオナニーかもしれません!

リラックスした状態で快感スポットを探りながら、刺激を与え続けていくうちに、尿意にも似た感覚を伴いながら潮吹きするということを考えると、不慣れな男性に任せるよりは、自分で試してみたほうが安心ですよね。

1:自分のベッドに大きめのバスタオルを敷く(もし潮吹きしてもシーツを汚さないように)
2:仰向けになり、まずはクリトリスを指やバイブなどで優しく刺激してみる
3:もう少し刺激が欲しくなったら、ゆっくり指入れをして、Gスポットを探してみる

まずはこんなところから始めてみてはいかがでしょうか。

気を付けたいこと

潮吹きの研究をする際の注意点としては、体の内部に触れるわけですから、手指を清潔にしておくこと!これはオナニーの場合はもちろん、彼氏や旦那様などパートナーと一緒に研究する場合でも同じです。衛生面だけでなくその他の注意点もまとめてご紹介いたしますので、参考にしてください。

爪をチェックし、ひび割れてたり切ったばかりでギザギザしていないか確認。ネイルアートをしている場合は、ストーンなど皮膚にひっかかりそうなものがないか気をつけましょう。男性は爪にゴミなどたまってないかや、伸びすぎていないか注意。

手指をせっけんできれいに洗い、清潔なタオルで拭いておくと安心です。

自分でやる場合はペース調整ができますが、パートナーに頼む場合はいきなりガシガシ責められないようにあらかじめ「ゆっくりね」「優しく触ってね」など伝えておきましょう!ガシマンされる(アソコを強く責められる)と、皮膚や内臓が傷ついて出血してしまう女性もいます…。そうなるともはや潮吹きどころではないので、十分に気をつけましょう。

水分摂取して、リラックスして挑戦!

上記注意点をチェックして、いざ!というその前に…。そもそもアソコが濡れてないと痛いですし、潮の量も気になるので、ある程度水分を摂取しておきましょう!これは潮吹きに関係なく、風俗のお仕事の際やパートナーとのエッチの際に濡れやすくしておきたい女性にもおすすめ。飲みやすいのはただの水よりもスポーツドリンクです。
それでも濡れにくい…という方はローションを活用してくださいね。皮膚が乾いた状態だと傷つきやすいし感じにくいので、無理をしないようにしましょう。

気持ちの面では、リラックスしていたり相手との信頼関係があることが潮吹きの秘訣!最初はできなくたって大丈夫!これまでご紹介したように、Gスポットをゆっくりと開発していくことで潮吹きに繋がます! 

潮吹きと密接に関わるGスポットを刺激するオナニーで、潮を吹く感覚に慣れてくれば、お客様の手マンなどでも盛大に潮吹きできるハズ!ぜひ男性のプライドを刺激する演出として効果的な『潮吹き』を覚えて、指名アップを目指しましょう!

お仕事探しは30バイトで!

The following two tabs change content below.
Yoidore-mama

Yoidore-mama

三度の飯より酒が好き!……でも、やっぱり飯も好きな育児中のライター。卒乳と同時に、やっとお酒が解禁されたので、毎晩呑んだくれてはいるものの、めっきりお酒に弱くなった今日この頃(^^;)