ホテヘルのお仕事内容:流れやお給料を詳しく解説!

ホテヘルのお仕事内容:流れやお給料を詳しく解説!~デリヘルと比べたメリット・デメリット~

風俗求人を探していると『デリヘル』という言葉とほぼ同じくらいの頻度で目にする『ホテヘル』。「よく考えたら、この2業種って何が違うの?」と疑問を抱えている方必見!デリヘルと似ているようで少し違う、ホテヘルのお仕事内容やお給料を詳しく解説します!

そもそもホテヘルって何!?

ホテヘル(ホテル型ヘルス)とは、お仕事の内容的にはデリヘル(デリバリーヘルス)とほぼ同じなのですが、似ているようでちょっと違う点としては、受付システムやお仕事の派遣先が限定的というところ!

ホテヘルは、繁華街やラブホテル街に『受付所』という有人窓口があり、お客様はこちらへ足を運んで、実際に写真パネルを見ながら、男性店舗スタッフと相談したりして好みの女性キャストを決めます。その後、女性キャストと対面してから一緒にラブホテルやレンタルルームへ、あるいは直接ラブホテルやレンタルルームの部屋で合流してプレイが始まります。

ホテヘルの最大の特徴としては、受付所の近隣にある店舗指定のラブホテルやレンタルルームのみ使用してお仕事するので、防犯上や衛生面で安心なのです!
デリヘルのように、お客様の自宅へ伺う場合「盗撮用カメラが設置されていたり、浴室やベッドが不衛生だったらどうしよう、猫アレルギーなのに猫がいたらどうしよう…」という不安を抱える事なく、お仕事に集中することができます。

さらに、受付所でスタッフが対応することにより、明らかに不審・不衛生そうな人をシャットアウトしてもらえるので、地雷客を接客する可能性も低くなります。また、受付所に設置されているカメラモニターから、お客様の顔が確認できるので、身バレ防止対策も万全!うっかり、旦那さんの同僚や子どもの友達のパパと遭遇なんてこともありません!

ホテヘルとデリヘルの違いは!?

それでは、具体的にホテヘルとデリヘルの違いをご紹介します!

ホテヘルデリヘル
受付方法受付所へ来店電話
メール
営業時間24時には閉店24時間OK
派遣先近隣ラブホテル
近隣レンタルルーム
・ラブホテル、ビジネスホテル
・レンタルルーム
・お客様の自宅
仕事内容ヘルスサービスヘルスサービス
移動手段基本は徒歩車、電車
知人バレ可能性なし可能性あり
店舗数少ない多い

ちなみに、ホテヘルを“ホテトル”を混同してしまいがちですが、これは似て非なるもので違法な業態です!

詳しくは、こちらの記事をご参考下さい!→『風俗用語「ホテトル」とは?ホテヘル・デリヘルと何が違うの?』 ホテトル記事はこちら

ホテヘルで働くメリットとデメリット!

デリヘルと比べると、ホテヘルの方がメリットは多いように思いますが、もちろんデメリットもあります!それらを踏まえた上で、自分自身の目的やライフスタイルに合わせて選んでみましょう!

ホテヘルで働くメリット

★受付所にて不審・不潔なお客様をシャットアウト!!

受付所で男性店舗スタッフが接客しながら、明らかな泥酔客や様子のおかしい客、異臭を放つ不潔なお客様の利用を断ってくれるので、デリヘルのように、現場でお客様と初対面してビックリするということは避けられます。

★移動時間が短い!!

受付所の近隣にあるラブホテルやレンタルルームを店舗から指定されるので、基本的には徒歩移動できる範囲でお仕事をすることになります。それに対して、デリヘルの場合は近隣ホテルに限らず、車移動でお客様の自宅や遠方へ出張することもあり、お給料が発生しない移動時間だけで、往復2時間前後を無駄にしてしまうことも!!

★盗撮や不衛生環境の心配をせずに済む!

ホテヘルは、近隣の店舗指定ラブホテルやレンタルルームへ派遣されるので、デリヘルのように、お客様の自宅へ伺うことがありません! つまり、お客様宅での盗撮不衛生な浴室・ベッド苦手な動物害虫と遭遇する心配なく、安心してお仕事に集中できます!

★お店のHPに顔出しせずに写真指名をもらいやすい!

ホテヘルでは、お客様が受付所に訪れ、直接写真を見ながら女性キャストを選ぶので、必ずしもネット上に顔を公開しなくても、写真指名をもらいやすくなります!(受付スタッフがおすすめしてくれることも!)
しかし、デリヘルの場合、お客様はお店のHPでしか女性を選べないので、写真を公開しないと稼ぎ難いことも!!

ホテヘルで働くデメリット

★働ける時間が限られてしまう!!

ホテヘルの場合、受付所があることで風営法により『店舗型』に分類されます。現在の風営法では、店舗型の営業時間は“早朝6時から深夜24時まで”と定められているので、昼職後に稼ごうと思うと、時間が限られてしまいます
それに対してデリヘルは『無店舗型』に分類され、24時間営業が可能なので、ライフスタイルに合わせて稼ぎやすい環境と言えます。

★接客が始まったら二人っきりになってしまう!!

受付所を出て、ラブホテルやレンタルルームへ到着すると、あとは二人っきりに……。万が一のトラブルがあった場合、デリヘルであれば、付近にドライバーが待機している可能性もありますが、ホテヘルは受付所からスタッフが駆けつけてくれるまでに、多少の時間がかかってしまいます

★お店の選択肢が少ない!!

現在は、風営法の関係で『店舗型』風俗店の新規開業が難しく、これ以上お店が増える可能性が少ないので、お店のジャンルの選択肢の幅が狭まってしまいます
逆に『無店舗型』のデリヘルは、ホテヘルに比べると簡単に新規開業可能なので、幅広いジャンルのお店の中から自分自身のキャラに合ったお店を選びやすくなります!

ホテヘルのお仕事内容は?

ホテヘルのお仕事は、基本的にデリヘルなどの一般的なヘルスサービスを行う業種とほぼ同じ流れで行われますが、特徴的な部分としては、お客様と一緒にラブホテルやレンタルルームへ向かうので、お客様へ恋人気分を味わってもらえること!

ただし、身バレ対策のためやお店によっては、先にお客様がチェックインしている指定ラブホテルやレンタルルームへ直接向かうこともあるようです!

その後は、他業種のヘルスサービスと同様に、お客様と軽く雑談をしてから、シャワータイム→ベッドプレイ→シャワータイム→お客様とお別れという流れになります!

ちなみに、ホテヘルを利用するお客様は、デリヘルよりも短い時間(例:60分間)のコースを好む傾向があり、接客の回転率が高く、効率的に稼げるお仕事でもあります。

お仕事の流れ

さっそく、利用者が一番多い60分コースを例にお仕事の流れをご紹介!

[1]お客様と対面後、一緒に指定ラブホテルやレンタルルームへ

受付を済ませたお客様と対面後、一緒に店舗指定のラブホテルやレンタルルームへと向かいます。この流れが恋人同士のような気分になれるということもあり、この時の雰囲気作りによっては、今後の指名へと繋がる可能性も! ただし、例え短い距離や時間とは言え、お客様と歩くとバレが心配という方は、お客様が先にホテルやレンタルルームへ入り、後から入室するという方法もあるので、面接時にスタッフへ相談してみましょう!

[2]挨拶&トークタイム(5~10分間)

自己紹介や世間話をしながら、お客様との距離感を縮めます。その後、お店へ電話で入室報告し、利用料金等を精算してから、タイマーをセット!いよいよ、お仕事スタートです!

[3]シャワータイム(5分前後)

お互いに歯磨きを済ませた後、イソジンうがい液で口の中を消毒!続いて、添え付けのボディーソープと『グリンス』という殺菌効果の高い石鹸水を使ってお客様の身体を洗います!

[4]ヘルスサービス(30~40分間)

基本的なサービス内容は、一般的なヘルス店やデリヘルと同様に『キス・全身リップ・フェラ・手コキ・素股』などを行います。その他、有料オプションなどを行うことも!

[5]シャワータイム(5分前後)

最後にシャワーを浴びてお互いの身体をキレイにします。全身リップしたところや、ローションがついているところは入念に洗い、性病予防のためにも清潔を保つようにしましょう!

[6]名刺を渡してお別れの挨拶(5~10分前後)

お客様へ今回のお礼を伝えながら、名刺を渡して自分の名前を憶えてもらうようにしましょう! 次回の指名へと繋げるための大切な時間なので、自分自身をアピールしつつ、お客様の話を聞きながら、次回そのお客様を接客する時のための情報を集めます。そして、最初にセットしておいたタイマーが鳴ったところで、名残惜しそうにお別れの挨拶!

ホテヘルのお給料の相場はどれくらい?

ホテヘルのお給料は基本的に完全歩合制の全額日払いとなっており、男性客が支払うコース料金の50%~80%がバックされます(80%は高額バック率です、通常は50%程度)。それに加えて、有料オプションや指名料、延長料などが加算されます。

(例)ホテヘルで一番利用が多い60分コース
料金12,000円の場合
お給料…6,000~9,600円
+指名料、オプション料バック
=60分10,000円以上可能!

1日5時間待機したとして、60分コースが3本入れば日給3万円!時給1,000円のバイトで1日5時間だったら6日間かかる額が、1日で手に入ります…。

ちなみにデリヘルと比べると、ホテヘルは車での移動時間が無く、短時間コースを好むお客様も多いので、一日の回転が速く効率的に集中して高収入を稼ぐことができます!

※もちろんお店の価格帯やバック率、集客力によってお給料の違いは出てきます。

「高額バックの高級店でも客が入らなければ0円」
「大衆店でもバック率が良いので結局1本単価は普通のお店と同じくらいで、しかも客入りが良い」

などそれぞれメリット・デメリットがあるので、深く調べてみたい方は求人情報やお店の公式サイトなどをまめにチェックしてみましょう。

人妻やシンママが働きやすいホテヘルの魅力!

数ある風俗求人の中でも、主婦や子育てママが働きやすいと言われているホテヘル!営業時間が24時までなので、子どもを親戚や祖父母へ預けていたり、旦那様の目を気にして「深夜過ぎまで働くのはちょっと…」という方にとって、お店のスタッフや他の女性キャストへ遠慮することなく帰宅できるので、ストレスフリーで働きやすい環境と言えます。

また、受付所でのカメラモニターからお客様の顔を確認できることや、ラブホテル街や繁華街近隣でのお仕事なので、バレ対策も万全!

ホテヘルはお客様の回転が速く、短時間で効率的に収入を得られるので、衛生面や防犯上の安全性が高く、隙間時間を有効活用したい主婦や子育てママにオススメの業種なのです!ぜひ当サイト「30バイト」で、働きやすそうなお店を探してみてくださいね。

ホテヘル求人一覧

The following two tabs change content below.
Yoidore-mama

Yoidore-mama

三度の飯より酒が好き!……でも、やっぱり飯も好きな育児中のライター。卒乳と同時に、やっとお酒が解禁されたので、毎晩呑んだくれてはいるものの、めっきりお酒に弱くなった今日この頃(^^;)