SMクラブのお仕事内容!お給料やメリット・デメリット、オプション用語【徹底解説】

SMクラブのお仕事内容!お給料やメリット・デメリット、オプション用語【徹底解説】

高収入だけど覚悟が必要!?風俗バイトの中でもちょっとハードルが高そうな「SMクラブ」のお仕事を簡単解説!メリット・デメリットやオプション例、女王様とM嬢のプレイ内容や会話(セリフ)の具体例などをご紹介いたします。

高収入だけど覚悟が必要!?風俗バイトの中でもちょっとハードルが高そうな「SMクラブ」のお仕事を簡単解説!メリット・デメリットやオプション例、女王様とM嬢のプレイ内容や会話(セリフ)の具体例などをご紹介いたします。

SMクラブとはどんな風俗?

特殊な風俗ジャンル

SMクラブとはサド・マゾといった特殊性癖の方に需要が高い性風俗店です。プレイ内容は道具を使った責め行為や、「女王様と下僕」「ご主人様とM嬢」といったイメージプレイが主となっています。フィニッシュのスタイルは手コキだったりお客様自身のオナニーだったりとプレイ内容により異なり、一般的なヘルスプレイ(素股やフェラなど)をしない場合もあります。

SMクラブは性風俗店の中でも特殊なジャンルなので店舗数が少なく、求人サイトや風俗ポータルサイトではデリヘルやイメクラに分類されていることもあります。実際にデリヘル型(派遣型)が多いですが、地域によってはファッションヘルスと同じような店舗型も存在しています。

デリバリーで行くホテルの中には、SMプレイができるような特殊な部屋を設けているラブホテルもあります。こだわりがあるお客様はそうしたホテルを利用できる地域のお店を選ぶと思いますが、もちろん普通のホテルでもSMプレイは可能です。衣装と道具があればできますし、道具なしでも「言葉責めと手コキ」などイメージプレイで楽しまれるお客様もいます。

SとMとは

サド…サディズム(sadism)/加虐性欲。相手を責めることに興奮する性的嗜好のこと。そういう小説を書いたりSM行為を行っていたというフランスの侯爵マルキ・ド・サドの名前が語源。
マゾ…マゾヒズム(Masochism)/被虐性欲。苦痛や羞恥心で性的快感を得る嗜好のこと。そういう本を書いたり私生活でも愛人のM男くんだったらしいオーストリアの作家ザッヘル=マゾッホの名前が語源。

サド・マゾの程度は人それぞれですが、実際にSM店で働いている女の子いわく「SはサービスのS、Mは満足のM」とのことで、この心構えが大切なようです。相手を痛めつければいい・好きなようにさせればいいというのではなく、気持ちよくさせるためのサービス精神が大事なのですね。

なおお店によってはSコースだけ、Mコースだけというように完全に分かれているお店もあります。「女王様専門店」や「M女専門店」など書いてあることが多いです。

ソフトSM、本格派SM、M性感

SMクラブの中には、働く側もお客様も気軽に足を踏み入れられるようなソフトなプレイ内容のお店もあります。本格的なハードプレイは抵抗があるけれど、ちょっとだけSMごっこを楽しみたい…という初心者のお客様でも利用しやすい雰囲気のホームページだったり料金設定だったりと工夫してあり、働く女性も初心者歓迎しています。

それに対して本格SMクラブや老舗高級店などは、ハードプレイが可能なぶん料金も高めです。お客様も本当にSMの世界を愛する紳士的な方(遊び方をわきまえている方)が多く完全会員制になっていて、SとMの良好な関係が築けると息の長い顧客(いわゆる太客)となり、SM嬢の年齢が上がっても他店に浮気することなく通い続けてくれたりします。求人に関してはソフト店と変わらず未経験でも歓迎しています。

ちなみに、本格的なSMをするほどではないけど痴女プレイや責められ願望がある…という男性客に向けた「M性感」という業種もあります。こちらは男性客がMと決まっており、女性優位で責めプレイをします。言葉責めや、エネマグラという器具を用いた前立腺マッサージなどを行い男性客を喜ばせるお店です。今回はSM店についての記事なので詳細は略しますが、ジャンルが似ているので求人サイト等では「SMクラブ・M性感」というように一緒のくくりにされていることが多いです。

プレイ内容/女王様・M嬢

SとMコースの違い

Sコース…お客様がS(ご主人様)となり、M嬢に調教していくコース。
Mコース…お客様がM(受け身)となり、女王様がお相手をするコース。

基本的に「お客様がSかMか」で覚えるとわかりやすいです。お店によっては意味が逆な場合もあるので、コース内容をよく見ておくと安心です。

基本コースの他には「集団責め(女王様が複数に対し男性が1人)」や「イメージプレイ(痴漢プレイなど)」といったコースを設けているお店もあります。禁止事項は他の風俗業種とだいたい一緒で、野外や車での行為や女性1人に対しお客様が複数つくような危険なプレイは基本的にありません。

女王様は責め(サービス)のプロ

プレイ内容一例

緊縛(縄で縛る)・拘束・アイマスク・ハイヒールで踏みつけ・つば垂らし・アナル責め・羞恥プレイ(言葉責め、ちんぐり返し、オナニー鑑賞など)・顔面騎乗・M男から女王様へのご奉仕全身リップetc

女王様(S嬢)はMのお客様を責める行為で楽しませます。お客様を拘束したり、踏みつけたり、ご奉仕させたり…。相手が何を求めているのかや、どこをどうされると痛くても気持ちがいいかなどを把握してサービスする必要があり、経験やテクニックが求められるお仕事です。そのため、S嬢希望で入店しても最初はM嬢からスタートすることが多いです。M側の気持ちを理解するためですね。

女王様(S嬢)は過激な道具プレイや、自分や相手の排尿・排便を見せたり見たりする機会があるため、そういうことにあまり抵抗がなかったり楽しくプレイできる女性に向いています。受け身ではないぶん頭を使いますし、女王様になる女性は賢い人が多いとも言われています。言葉責めのバリエーションも多いほうがいいので、好きなことの知識をどんどん吸収できるような人(SMに興味があって勉強したい人)にピッタリです。

なお、女王様なので受け身になることはなく(ご奉仕させるのは別)、男性が射精をしないで終わることもあります。女性側がフェラや手コキをするかどうかは店によるので確認しましょう。フィニッシュの方法は男性がオナニーでするパターンが多いようです。(例:女王様に言葉責めされながら男性が自分の手でフィニッシュ)

M嬢はお客様を満足(M)させる

プレイ内容一例

緊縛(縄で縛る)・拘束・アイマスク・バイブやローター責め・アナル責め・バラ鞭・羞恥プレイ(言葉責めやオナニー鑑賞など)・ご奉仕全身リップ・フェラ・口内発射・低温ろうそくetc

女王様と立場が真逆で、今度は女性が受け身になるのがM嬢です。縛られたり、言葉責めをされたり、ご主人様にご奉仕する側に回ります。お仕事なので体に傷跡が残るようなプレイはありませんが、縛りに慣れていないお客様だと縄の跡が少し残って消えるまで時間がかかることもあります。そうしたプレイ中の痛みや言葉責めを気持ちいいと感じたり、お仕事と割り切って耐えられるような女性に向いています。

受け身とはいえ喘ぎ方やシチュエーションプレイ時のセリフ、ポーズなど工夫できるポイントは色々あるので、積極的に知識を吸収したり楽しんでプレイできる人はお客様からの評判も上がりやすそうです。

その他のコース

SMクラブにはSコース、Mコース以外にも専用のフェチ系コースを設けているお店もあります。

・足フェチコース
・スカトロコース
・撮影コース
・M性感コース
・集団コース(複数プレイ)

などです。メインのコースではないのでお店からの強制はなく、対応可能ならプロフィールに表示する、というやり方が基本です。これに限らず、SMでは過激なプレイも色々ありますがお店から強制はされません。できないプレイはNGにしておいてもらい、慣れてきたらOKにする…ということも可能なので、無理をしないようにしましょう。

SM用語解説&オプション

SMクラブで使用される風俗用語について解説します。どこからどこまでが基本コース内容で、何が有料オプションになるのかはお店によって異なります。そのあたりの線引きは深く気にせず参考程度にご覧ください。

基本的なプレイ

縄・緊縛・縛り

SMと言えば緊縛(縛り)を連想する人も多いはず。ロープを使って吊り上げたり手足を縛ったり、有名な縛り方「亀甲縛り」などをして楽しむプレイです。テクニックが必要でプロの緊縛師までいるほど奥が深い世界です。
麻縄は縛りやすい反面、体に跡が残りやすいため、SM店では綿ロープを使うのが一般的なようです。

ノーマルおもちゃ

バイブ、ピンクローターといった普通のアダルトグッズは基本コースに含まれやすいです。これらは普通のヘルス店でも使われていますね。

言葉責め・ツバ垂らし・乳首責め

言葉責めは様々なセリフで相手に羞恥心を与える行為です。別項目で詳しく解説します。
ツバ垂らしはそのままの意味です。
乳首責めは、指や舌で責めることもあれば、専用のクリップを用いることもあります(挟む)。

拘束・アイマスク

手枷、足枷、首輪などの拘束具やアイマスクで相手の自由を奪い楽しむプレイです。縄に比べて装着しやすいので初心者でもやりやすいです。アイマスクは完全に見えなくなると危険なので、女性側(M嬢)がつける場合はうすく透けて見える素材のものを使う店もあります。
※男性客がつける場合は本当に見えなくなるようなものを使用する。

鞭(ムチ)

女王様の必須アイテム!SM店でよく使われているのは「バラ鞭」という、バラバラと帯状のものがまとまって持ち手のところで一本になっているムチです。(↑画像参照)

乗馬で使われるような一本ムチは打撃力が高く、ミミズ腫れになりやすいため、一般的な風俗店ではあまり使われません。ムチの当て方にもコツがあるので、痛いのではなく気持ちよくさせるポイントに当てられるようになれば一人前の女王様です!

スパンキング

手のひらや専用の器具(スパンキングラケット)を用いて、お尻をペチペチと叩くプレイです。ムチよりは痛くないですし、やる方も気持ち的にハードルが低いので、SM初心者でも取り入れやすいプレイです。

ロウソク(蝋燭)

火をつけたロウソクをぽたぽた垂らして…というのも有名なSMのイメージですよね。風俗店で用いられるのは融点が低い「低温ロウソク」という特殊なもので、火傷の危険性が低いアイテムです。

とはいえある程度は熱いので、高いところから垂らすことで冷ましたり、一度垂らしたところに垂らして皮膚への刺激を抑えたりと工夫して使われます。シーツが汚れてしまうので、使用可能なホテルが限られたりもします。
※その場合は大判タオルやシーツを持ち込むなどしてプレイすることもあります。

オプション例

どんなプレイがオプションになるのかはお店によって異なります。顔射やAFが有料オプションの店もあれば、基本コースでプレイ可能なお店もあります。いずれにせよ強制されることはないので、入店したいお店にはどんなオプションやプレイがあるのかは目を通しておくと良いでしょう。ここにご紹介したプレイ以外にも色々なプレイがあるので、SMは奥が深いです。

聖水・黄金…それぞれおしっこと便です。女王様がM男に浴びせたり観察させたりします。特に黄金は、プレイ予約が入っているのに出ないと困るので、前日の食事や体調管理が求められます。匂いに気を遣って意識的にフルーツを食べておくなどする女王様もいます。

ぺ二バン…ペニスバンドのこと。ディルド(男性器の形の器具)がついたベルトのようなもので、女性が股間に装着します。男性客へのAF用。

浣腸(イチジク浣腸)…強制排泄させるプレイです。排泄を恥ずかしがる様子や、我慢する表情などを楽しみます。

エネマシリンジ(多目的洗浄器)…普通は鼻うがいに使う道具ですがどこの穴に入れるかは…。

アナルプラグ…お尻に刺して使うアイテムです。お尻の穴開発用。

剃毛…お客様のアナル剃毛。女性でいう所のVIO脱毛のOの部分を剃毛します。

ウェット&メッシー(Wet and Messy/WAM)…濡れる・汚すという意味で、衣服や体を濡らして汚すプレイです。聖水で汚すのか、他の何かを使うのかはその人の嗜好次第。

イラマチオ…喉奥の方まで男性器をくわえさせられる行為で、フェラチオとは異なります。フェラはする側の意思で強弱などをコントロールできますが、イラマチオは喉奥まで入れられるので苦しくなり、無理やり感が演出されます。フェラは二人で楽しむ行為、イラマチオは主従関係がはっきり出る行為、というイメージです。

言葉責めの具体例

言葉責めは相手の嗜好やシチュエーションによって求められるセリフが変わるので、引き出しは多いほうが有利です。テレビや漫画で「この豚!」とののしる女王様のイメージが強いかもしれませんが、実際はもっと官能小説のセリフのようだったり、その相手の心のひだに触れるようなセリフを投げかけたりします。

女王様(S嬢)のセリフ具体例

「もう先っぽが濡れてるの?いけない子ね…!」
「どうしてこんなに勃ってるのか言ってごらん?」
「いやらしい〇〇ね」
「どうしてほしいか言いなさい」
「恥ずかしい格好ね」

もちろん相手の希望によっては「この豚!」もアリですが、このようにしっとりささやきかけるような言葉責めもあります。求められている女王様像を演じるために、普段から色々な知識を吸収しておくと良いでしょう。

まずは「どうして〇〇なの?」とあえて希望を聞いて恥ずかしいセリフを言わせる系と、「乳首が立ってるわね」のような実況中継風があると覚えておくとわかりやすいですよ。

S客のセリフ/罵倒・オラオラ系

「俺の〇〇を舐めろ」
「くわえろよ」
「~~じゃねえぞ!」

このように強気で命令したり、荒っぽい言葉遣いをする罵倒系。セリフだけでSっぽいので、言われるこちらもMの心境になりやすいです。まともに受け止めてしまう人は負担が大きいので、プレイだと割り切りましょう。

お仕事とはいえ、あまりにもひどい暴言を吐かれたり、プライバシーに踏み込まれるようなことを言われた場合は、ひとりで悩まずにお店に相談しましょう。NG客にしたり出禁設定にすることも可能です。いきなりそういう対応をすると勘違いだったりすることもあるので、あらかじめお店やお客様と「本当にNGだったときのセリフ」を決めておくという自衛方法もあります。例えば「お許しくださいご主人様」はプレイとしてのセリフだけれど「本当に痛いのでおやめください」は本気でやめてほしい時のサイン(合図)…というような感じで、プレイが冷めないような合図を考えておけると良いですね。

S客のセリフ/ねっとり系

「こんなに濡れて淫乱だね…」
「〇〇してはいけないよ?おしおきだ」
「ごめんなさいと言いなさい」

AVのようなセリフですが、世界観に浸れるのがねっとり系。普通のカップル間の性行為では聞かないようなセリフばかりなので、慣れないと濡れるどころかクスッと笑えてしまうかも…。しかしそこはお仕事です、ご主人様にいじわるされて感じているM嬢になりきりましょう。相手を満足させてこそのMです。「ハマるとすごく面白い」という女性もいます。

お給料について

1本の単価が高い

SMクラブは他の風俗業種に比べて料金設定が高めです。プレイの内容が特殊で専門性がありますし、女性の負担が大きいこともその理由となっているのでしょう。オプションも、ハードなものほど高額となります。

そのため女性が受け取るお給料も高めで、バック率が最低平均値の50%だったとしても高額な金額になります。

【料金一例】
60分コース…19,000円
→バック率50%の場合、お給料は9,500円
+指名料1,000円
合計…10,500円

このように1回の接客で高額になるため、無理をして数をこなさなくてもそれなりの金額を稼ぐことが可能です。女王様で1日5万円以上稼ぐ人もいます。普通のデリヘルなら1日3万円いけば良いほうなので、どれだけ高額かわかりますね。

女王様よりM嬢のほうが高め

お店の方針にもよりますが、同じコース時間でもS嬢(女王様)よりM嬢のほうが高額になるのが一般的なようです。理由はM嬢のほうが体の負担が大きいことや、お客様向けのコース料金も高額なためです。

【SMコース料金例】
Sコース(お客様がS)…60分/20,000円
Mコース(お客様がM)…60分/15,000円

このように5,000円以上違うというお店もあります。もちろんオプション料や指名料でプラスαを稼げるので、どちらが良い悪いということではありませんが、大変なぶんきちんと稼げるのは良いことですね。

オプション料は1,000円程度のものから10,000円くらいするものまで様々で、お店によって種類も異なるので見比べてみるのも良いでしょう。

固定客がつくと効率が良い

SMクラブは数が少ないので、一度相性が良いと思ってもらえたお客様は他店へ行かず長く通われることが多いです。リピーターになって定期的に通ってもらえたり、ランキングが当がって指名が増えると当然お給料も上がります。

SMプレイは経験(慣れ)が必要なので新人期間のうちは思うようにいかないかもしれませんが、自分の固定客が増えると効率よく稼げるようになるでしょう。

SMクラブ・M性感の求人情報

メリット・デメリット

客層について

SMクラブは基本的に完全会員制です。中にはお医者様や弁護士のように「先生」と呼ばれるような職種の方もいて、こっそり通っているとか…。プライベートで発散できない秘密の趣味や性癖を、SMクラブで解消しているのかもしれませんね。もちろん普通のサラリーマンの方もいらっしゃいます。

特殊なお店であるぶん、ルールや注意事項がきちんとホームページ等に明記されており、マナーを守って遊べる方がほとんどです。価格帯も高いので、金銭的にも余裕がある人が多いです。

女王様やM嬢との相性がピタリとはまると、なかなか替えがきかないので、他のお店に浮気せず長く通われるお客様もいます。つまりは息の長い固定客・本指名客(太客)・リピート客です。長期バイトを検討している女性にとって、新人期間が過ぎてもきちんと稼げるのは魅力的ですね。

お決まりのパターンがない

SMプレイというと道具を用いて責める・責められるイメージが強いですが、中には足フェチで踏まれたい人や、言葉責めでイメージプレイだけがしたい人などもいます。基本のコース内容(プレイ内容)は決まっていても、毎回絶対にそれをするとは限りません。そこがヘルスやピンサロなどと違うところで、「これをやっておけばいい」がないのです。

そのため「ルーティンワークがいい」という人は慣れないうちは苦戦するかもしれません。覚えることも多いので、それをデメリットに感じる人もいるでしょう。逆に、毎回新しい発見や刺激があるのでマンネリにならず働けるというメリットもあります。楽しんでやれる人には本当に向いていると言えるお仕事です。

年齢が気にならない

SMは奥深い世界なので、年齢を重ねてもどんどん自分の魅力を高めていくことができます。本指名のお客様に気に入られて、長い期間ずっと良いご縁が続く方(ずっと安定して稼げる方)もいます。若い子だけのヘルス店のように、年齢制限があるお店とは違い、年齢を気にせずお仕事に集中できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

まとめ

SMクラブのお仕事のメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

メリット

・他の風俗業種よりお給料が高額
・SMや官能小説の世界に興味があるなら趣味を活かせる
・年齢を気にせず働ける
・客層がよく、固定客もつきやすい
・変化があるお仕事で刺激的

デメリット

・SMプレイが好きになれないとつらい(変態プレイやアブノーマルなプレイに理解がないと難しい)
・体や心の負担が大きいと感じることもあるので、自分でケアが必要
・技術を身に着けるまで時間がかかる
・店舗数(=求人の数)が少ない

SMはディープな世界なので、最初は抵抗があるプレイやオプションもあると思います。どうしてもできないプレイはお店に相談してNGにしてもらい、無理せずお仕事を始めましょう。やってみてより興味がわいてきたり、極めたいと思うようになればこちらのものです!好きなお仕事こそ長続きするので、SMに興味があって安定して高収入を稼ぎたい方はぜひチェックしてみてください。

風俗のお仕事はたいてい「体験入店」というシステムがあり、お試しでお仕事をすることができます。正式採用(本入店)ではなく1回または何日かお試しで働けるので、迷っている方は体験してから本入店を検討すると良いでしょう。当サイト(30バイト)ではSMクラブの求人情報を随時掲載しているので、お仕事探しにお役立てください。

SMクラブ・M性感の求人情報

実際に働く女性へのインタビュー

当サイトではSMクラブ・M性感で実際に働いている女性へのインタビューも掲載しています。お給料のことやお仕事の本音など、リアルな声をぜひご覧ください。

SM嬢インタビュー

The following two tabs change content below.
水蜜

水蜜

東京在住/2013年よりWebライターとして活動するミレニアル世代。猫好き。気になる風俗街は吉原、行ってみたい観光地は道後温泉、いま興味があるのはリモート風俗のこれから。