風俗用語「ホテトル」とは?ホテヘル・デリヘルと何が違うの?

風俗用語「ホテトル」とは?ホテヘル・デリヘルと何が違うの?

ホテトルとは裏風俗の一種で、ホテヘルとは全く違う業種です。電話ボックス等に貼ってあるピンクチラシに電話をすると、ホテルに女の子(ホテトル嬢)が派遣されてきます。デリヘルと似ていますが無許可営業のハードサービスでとっても危険!違いについて解説します。

ホテトルはそもそも何?

ホテル派遣型の裏風俗

ホテトル」とは「ホテル+トルコ風呂」の略です。トルコ風呂とはソープランドの旧称ですが、昔は「トルコ風呂=風俗」というニュアンスでした。そのためホテトル嬢はマットプレイやソープならではの特殊技術を持っていたわけではありません。素人の女性(ホテトル嬢)がホテルに来て、男性客と入浴して性的行為(最後まで)を行うだけです。

ホテトルは1980年代には存在していたとされ、当時はホテルではなくマンションで性的行為を提供していたため「マントル」(マンション+トルコ風呂)と呼ばれていたようです。

どちらもデリヘルやホテヘルに似ていますが、ホテトル・マントル共に違法営業なので(裏風俗)、スカウトマンに高額給与を提示されても決してついていってはいけません!性病対策や防犯対策も自己責任ですし、何かあっても誰も守ってくれません。

非店舗であり、ソープランドやピンクサロンと異なり許可や届出がないために容易に暴力団関係者等が経営に参画出来る。

風適法違反の無許可営業のところがほとんどで、ラブホテルへの派遣のため管理売春(売春斡旋行為)となり、取締りの対象となる。
参考:Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/ホテトル)

どういう営業形態なのか

ホテトルは非店舗型(派遣型)なので、実店舗はありません。ホテトルが流行ったのはインターネット・公式サイトなどが普及していない時代でしたから、ラブホテル付近や歓楽街の公衆電話(電話ボックス)、電柱などに小さな広告ビラ(いわゆるピンクチラシ)を貼り付け、男性からの電話を待つスタイルでした。

男性はこのピンクチラシの電話番号をメモしたり、はがして持って行ったりして、ホテルから電話して女の子を派遣してもらいます。女の子はホテルに入り、雑談やシャワーなどをして性行為(最後まで)に至ります。

余談ですが女の子のレベルは今でいう大衆デリヘル以下だったらしく、「チラシの写真は若い子だったのに熟女が来た」「何度チェンジしても無駄だった」「不衛生な子が来た」など客側がさんざんな目に遭うことも少なくなかったとか…。それでも需要があったわけですが、まずまともな女の子なら行かない業種でした。それでも、違法とは知らずデリヘルのような普通の風俗だと思って働いている素人の子もいたようです。

廃れたようで、まだなくならない

ピンクチラシは取り締まりが厳しいことや、そもそも違法営業なので逮捕・検挙されることも多く、電話ボックスの数も減りホテトルは時代とともに少なくなっていきました。代わりにデリヘルやホテヘルなど合法の業種が出てきたことで、まともな人ならそっちを利用したり働いたりするようになります。

でも現代でもなかなかなくならない…その理由は色々あります。

反社会的組織の資金源になっているため、営業が継続されている

高収入を稼ぎたいけど身分的にまともなお店には入れない女性や、何も知らない女性がだまされて働いているケースがある。(不法滞在の外国人女性、ミテコと呼ばれる「身分証を提出できない子=18歳未満」女性、出稼ぎ外国人女性など)

ホテルで本番行為をしたい男性がいる&ラブホテルがたくさんある

ホテトルとデリヘルの区別がつかず、違法だと知らずに男性が利用してしまう

ホテトルは違法行為なので逮捕されることもあるのですが、それでもなくならないのはこうした様々な事情があるからのようです。スカウトマン(これも違法)に声をかけられてもついていってはいけませんし、万が一ホテトルの話を振られても絶対に断ってくださいね。

※なお、近年聞くようになった「援デリ」(援◯交際×デリバリー、ワリキリ交際)も内容はホテトルと似ていて、違法行為です。

ホテヘル・デリヘルとの違いとは

デリヘルについて

デリヘルは「デリバリーヘルス」の略で、店舗を持たず、お客様の連絡を受けてホテルやご自宅へ出張してヘルスサービスをする業種です。実店舗を持たなくていいので、マンションや雑居ビルなどに「事務所・待機所」を確保できれば開業できます。

24時間営業が可能で、店によっては遠方まで派遣OKなので、幅広い地域で集客可能です。今や全国どこにでもある、最も店舗数が多い風俗はデリヘルでしょう。ジャンルも豊富で、常に様々な店から女性求人が出ています。

デリヘル求人一覧

ホテヘルについて

ホテヘルは「ホテルヘルス」の略で、デリヘルと同じく派遣型の風俗業種です。一番の違いは「受付所があること」で、派遣先も「受付所の近くのホテル・ラブホテル・レンタルルーム限定」となっていて自宅派遣がありません。

受付所は歓楽街や風俗街・ホテル街のような人通りが多い場所にあるので、周辺にホテルのない地方の駅などでは見かけません。受付所だけとはいえ店舗を構えていることから、営業時間も制限されており24時閉店が基本です。

働く女性にとっては受付でスタッフがお客様の確認を行ってくれること(不衛生な方などをお断りできる)、移動が楽なことや、お客様の自宅へ行かなくていいという安心感があります。
お客様側にとってのメリットは、気が向いた時に受付所に入って写真を見ながら選ぶ楽しみがあること、それだけの予算をかけている店だからデリヘルより地雷接客を受けるリスクが少ないなどがあります。

ホテヘル求人一覧

ホテトルの決定的な違い

デリヘル・ホテヘルは風営法届け出済で法律を守って運営する店が多いです。(違法店・ダミー店なども残念ながら存在しているので、当サイト『30バイト』では適切な(性)風俗営業開始届出を提出している店舗・法人しか求人掲載しておりません。)

反対に、ホテトルは違法業種なので合法なお店というのは存在しません。

サービス内容についても、デリヘル・ホテヘルはヘルス店なので男性をフィニッシュ(射精)に導く方法は「手コキ・フェラ・素股」などが基本で、本番行為は禁止されています。ホテトルはその禁止行為を普通に行っています。

ホテトルは違法だとわかっていて店側も運営しているので、顧客情報の管理や女の子の個人情報の管理もどうなっているか知れたものではありませんし、性病やトラブルに巻き込まれても助けてくれません。警察からの捜査を逃れるために短期間で事務所を転々とするところもあるようです。トラブルの温床のような業種なので、この記事を読んでくださった方は絶対にホテトルの勧誘には乗らないでくださいね!

お仕事するならデリヘル・ホテヘル!

ホテトルは危険な業種なので、誘われても絶対にやっちゃダメ!ということで、「でも高収入の風俗バイトがしたい」という方は似たようなホテヘルやデリヘルでお仕事探しをしていきましょう!

当サイト『30バイト』では全国各地のホテヘル・デリヘル求人を随時更新しております。もちろん風営法届け出済の店のみ掲載!ご自分の住む地域で探しても良し、出稼ぎや知人バレ防止にちょっと離れた地域を見てみるも良し。あなたのお仕事探しに、ぜひご活用ください。

お仕事探しは30バイトで!

※わからないこと、不安なことをお店の方に匿名で質問できる「オトナ女子の質問箱」というコーナーもあります。地域のことも聞けるので、「業界人に聞いてみたいけど、どこで聞けばいいかわからない」という女性はこちらからお気軽にご質問ください!

オトナ女子の質問箱

 

The following two tabs change content below.
水蜜

水蜜

東京在住のライター。ファッション雑貨の卸業やアングライベントスタッフ、アート講師経験などを経て2013年よりライターとして活動。最近の趣味は読書と猫動画を見ること。