【失敗しない風俗求人の探し方】稼げるお店の見つけ方&辞めたい時の伝え方など

30代になって初めて風俗業界で働こうか悩んでいる方は、稼げるお店の探し方や面接応募のタイミングがわからないかもしれません。辞めたくなったらちゃんと辞められるのかも気になりますよね。

風俗求人の基本のキと、面接応募のタイミング、辞めたいときの伝え方などを解説いたします。

風俗求人について

求人は常に出ています

全国にはたくさんの風俗店があり、どのお店も常に新人さんを募集しています。普通のお仕事と違って未経験でも採用されやすいですし、女の子は自分の目標を達成したり辞めたくなったらすぐ辞められるので、常に入れ替わりがあるためです。

一般的な会社やお店で常時求人が出ていると「人がすぐ辞めるブラック企業なのかな?」「給料や待遇が悪いのかな?」と思いがちですが、風俗店は仕組みが違うので(入れ替わりがあるのが普通)、待遇の良い優良店でも求人は出ています。そこは心配しなくても大丈夫です。

色々なお店や業種から求人情報が出ているので、よく見比べて、これだと思うところに問い合わせていきましょう。

長く働く人もいます

逆に求人広告が少ないからあやしい、ということもありません。若い子向けのお店と違い、30代40代以降の女性が活躍しているようないわゆる「人妻系」のお店やSMクラブのような特殊なお店は、何年も長く在籍する女性もいます

長く働き続ける理由の例
・目標貯金額が大きい(数千万円)
・週2日で短時間しかシフトに入らないので、目標達成まで時間がかかる
・生活費の足しにしているので続けられるだけ続けたい
・本業にしている
・普通の仕事に転職したいので、資格が取れるまで風俗でマイペースに稼ぎたい
・この仕事に誇りややりがいを持っているから続けたい(例:SMクラブの女王様など)

など続ける様々ですが、共通するのは「お店の環境が良い」ことです。スタッフや同僚の女性たちが優しかったり、親切にしてもらっていたり、客層が良かったり、お給料が良かったり…。

自分が働きやすいと思えるお店とマッチングすれば、それこそ普通のお仕事のように長く続けることは十分に可能です。ここが若い子向けのお店と違うところですね。年齢層の若いお店は、例えば「学園コスプレ店なので25歳になったら退店」「23歳までの女性を募集」など細かく年齢ではじくところもあります。

年齢を気にせず働くことができる、それも30歳以降の女性向け風俗店のメリットと言えるでしょう。

失敗しない風俗求人の探し方

お仕事探しの流れ

1.これだけは譲れない条件を書き出す

まずはあなたが「これだけは達成したい!」や「これだけは無理」ということを簡単に書き出しておきましょう。
例えば…「生フェラは無理」「住んでるエリアからは出ない」「最低月20万円稼ぐ」などです。
これは求人を探す上で非常に役立ちますので、メモ帳にちょこちょこっと書いておきましょう。

2.求人ポータルサイトを見る

そして風俗求人のポータルサイトを開きます。例えば当サイト(30からの風俗アルバイト)ですね。地域や業種などから絞り込んで検索できるようになっているので、自分の希望する条件を選んで検索すると探しやすいです。

たくさん絞り込みすぎると、出てこないこともあるので、最初は「エリアと業種」くらいで絞り込むと良いでしょう。待遇など細かい条件は、選択できないだけで実はある…ということもあります。

色々な求人情報を見ていくうちに、気になるお店がいくつか出てくるはず。そうしたら、そのお店のより詳しい部分をチェックしてみます。それが営業用ページ(お客様向けページ)の確認です。

営業用サイトのチェックポイント

風俗店にはたいていお店の営業用ページ(男性が見るページ)があり、女性求人ページと分かれています。気になるお店を見つけたら、必ずこの営業用ページも確認しておきましょう。

★更新頻度をチェック
イベント情報や新人情報などこまめに更新しているお店は営業熱心ですよね。内容が充実していて、毎日更新されていているお店はネットからの集客が強いです。反対に、情報が去年のままだったりするお店は営業しているのかもあやしいです…。

ちなみにサービスやイベントを頻繁に実施しているお店は、会員数が多く客入りがいいお店が多いです。 

★在籍女性をチェック
在籍女性の数が多いお店は、それだけ売り上げがあり稼げるお店ということです。女性的にも働きやすい(続けられる)ということでしょう。ただし、新店やリニューアルオープンのお店は当然女の子が少ないので、それは気にしなくても大丈夫です。

そしてプロフィール写真と情報にも注目です。

写真と情報のここを見る
・どんなタイプの女性が多いか
・お店からのプッシュコメントなどはあるか
・オプションの有無を選べているか
・写真の背景やクオリティが同じかどうか

自分と真逆のタイプばかりのお店だと浮いてしまいますし、お店がコメントや情報を丁寧に書いてくれていると客入り(指名)に影響します。オプションを自分で選べていそうかどうかも確認したいところですよね。

写真の背景がバラバラだったり、クオリティも全然違っている写真ばかりのお店は少し信頼度に欠けます。よそのお店にいたときの写真を使いまわしていたり、撮影料をケチっている可能性があるからです。

その逆で、クオリティがイマイチでも同じ背景の写真なら「お店の人が頑張って撮ったんだな」とわかりますし、きれいな写真ばかりなら「こういうところにも力を入れているんだな」とわかりますよね。

ちなみに新人入店が多く撮影が追い付かない場合に、スマホでの自撮り写真をとりあえず掲載しているお店もあります。しかしそれがずっとそのままの場合は…その女性は短期で辞めてしまったのか、スタッフが仕事熱心じゃない可能性があります。

これらの他には、余裕があれば在籍女性の写メ日記更新率を見てみても良いですね。繁盛店なら動いているはずです。

★求人と違いがないかチェック


悪質な風俗店は求人情報に「ソフトサービスなので病気の心配もなくすぐに稼げます!」と書いているのにも関わらず、営業用サイトを見ると「変態痴女の即尺無料キャンペーン実施中!」などと求人の真逆をいく内容が平気で掲載されていたりします。(※そんなところはもうほとんどないですが…)

こういったお店は業務内容だけでなく様々なところで嘘をついている可能性があり、ずさんな体系であることがほとんどです。なので、お店のホームページは女性用と男性用どちらもよく見ておきましょう!

希望条件に合えばいざ応募!

探し出した求人が「1」で書き出した譲れない条件に合う内容かどうかを確認しましょう。普通の就職活動でもそうですが、求人を沢山みていくうちに「アレ?私本当は何やりたいんだっけ?」となることがよくあります。

例えばソフトサービスのお店でしか働きたくなかったのに、高額のお給料を見てハードサービスでもいっかな~と思い始めたり、ほんとはもっと稼ぎたいのに、身バレを気にして遠くの稼げないお店に連絡してしまったり…ということがあるので、今一度、自分が初めに重きを置いていた条件を確認しておくようにしましょう。

一つのお店にこだわらず、見比べてみることで得になることは沢山あります!その後、自分が納得のいくお店見つければ応募フォームや電話、LINEなどで連絡し、面接へ挑みましょう!

お仕事探しは30バイトで!

スタッフの対応力もチェック

いざ連絡をとる時に、まず確認したいのは電話対応です(※電話で応募した場合)。担当者の言葉遣いや対応の仕方、声のトーンなどを覚えておきましょう。穏やかな話し方や、明るく元気系でも丁寧に対応してくれると好印象ですよね。反対に、ぶっきらぼうだったり、怖い印象があるとひるんでしまいます。

スタッフの教育がなされていない店舗では問題が起きやすいです。例えば、あなたがお客様トラブルに巻き込まれ相談した時に「そんな子いくらでもいるよ。まあ明日も頑張ってよ」と突き放されるかもしれません。そんなお店では働きたくないですよね…。普段の電話対応にもそういったテキトーさは出るので、気を付けて聞いてみてください。

この他には、面接に行った際に事務所がきれいかどうかや、在籍キャストさんにどんな対応をしているかなど観察してみると良いでしょう。

体験入店は最低3日間

即入店したい場合を除いては、体験入店は3日ほどしてみることをおすすめします。風俗店の客入りには当然ムラがあるので、3日くらい働かないとお客様の入り具合が分からないからです。

大体3日間働いて、3日間とも暇であればずーっと暇です(笑)最悪の場合「ボウズ(1人もお客様につけないこと)」で帰ることになるかもしれません。これを確認しておくことで今後のお給料がかなり変わってきます。

どんなに綺麗な人でスキルがあっても稼げないところでは稼げないです。とにかく稼ぎたいという方は最低3日間は様子を見るようにしましょう!また、お店の雰囲気や、スタッフのお客様対応を見る良いチャンスでもあります。体験入店を利用して給与面や待遇面、お店の雰囲気をよく確認しておきましょう。

体験入店できる風俗求人

いつでも辞められます

面接や体入時に検討

入店する前から辞める・辞めないの不安が大きい方は、まずはお試しで一度働いてみてからしっかり検討することをおすすめします。

風俗には「体験入店」という制度があり、お試しでお仕事をしてみることもできます。体験入店でもお給料はちゃんと出るので、実際にどんなお仕事内容なのかや客層を確かめてからよく考えてみると良いでしょう。
(※体験入店制度がないお店も、辞めたいと言えば辞めさせてくれます)

どうしても不安な時は面接をする前に「最初は面接でお話を聞くだけでもいいですか?」と伝えておくと安心です。面接官や事務所の雰囲気、営業電話が鳴っているか、お仕事内容を説明してくれるか、待遇に間違いはないかなど確認して、家に持ち帰って考えることができます。

面接だけで辞退してしまう子もたくさんいますし、お店は常に女の子の入れ替わりがあります。あなたひとりに執着するようなことはないので、まずは応募するところから始めてみてください。

求人情報はこちらから

理由は何でもいい

良いお店に巡り合えるのがベストとはいえ、初めてのことなので「なんだかイマイチかな?」というお店にあたってしまう可能性もあります。そういう時は無理をすることなく休んだり辞めたりできるのが、風俗バイトの特徴です。

辞める理由は何でもいいのですが、大事なのは「きちんとお店に伝えること」です。

辞める理由あれこれ
「本業に専念したいから」
「家族にバレそうになったから」
「少し疲れてしまったので」
「やっぱり向いてないと思った」
「目標貯金額が貯まったので」

など色々ありますが、メールでも電話でも直接でもいいので、退店する旨をきちんとお店に伝えておきましょう。

「今すぐ辞めたい!」という場合ではなく「あと少しで退店しよう」と思っている場合は、お店と相談して卒業記念(退店記念)でお客様にプッシュしてもらえることもあります。

イベントとして告知宣伝してもらったり、フリーのお客様に積極的に勧めてもらったりして集客力をアップしやすいので、余裕があるなら退店機会も活用していきましょう。本指名のお客様が駆けつけてくれたり、ずっと気になっていたけど指名を後回しにしていた人などが来店する可能性も高いです。

スタッフさんやお客様とのゴタゴタもなくきれいに辞めておくと、もしいつかまたそのお店や系列店で働きたくなった時に、スムーズに戻りやすいというメリットもあります。これを「出戻り」といい、出戻り女性を歓迎しているお店もあります。

「飛ぶ」デメリット

お店側が困るのは、女の子が何も言わずにいなくなってしまうこと(俗に「飛ぶ」と呼ばれる行為)です。これをされると、お店としては「仕事が嫌で辞めたのか…」それとも「ただ長期休暇をとっているだけでそのうち戻ってくるのか…」などの判断ができません。

そうするといつまでも在籍情報にプロフィール写真を載せ続けることになりますし、採用時の書類や個人情報の処分にも困ってしまいます。本指名のお客様からの問い合わせも来るはずです。これでは辞める女性側としても不安ですよね。

お店にはきちんと辞める意向を伝えて、お世話になったご挨拶をしておきましょう。その際に「プロフィール写真等はすべて削除処分してください。よろしくお願いいたします」と添えておくとより安心です。

※お店のホームページからならすぐ消せても、宣伝用の風俗サイト等に載せている情報は削除まで時間がかかることがあります。ランキング嬢になっていたり広告用に色々なサイトに登場していた人は、自分でもこまめにチェックしておくと良いでしょう。

面接応募のタイミング

連絡方法と時間に注意

求人情報が出ているなら、基本的にいつでも応募連絡をすることができます。メール・LINE・応募フォームからの連絡は24時間OKにしているお店が多いです。

ただし電話連絡の場合は、お店の営業時間内に連絡するのがマナーです。特にソープランドやピンクサロン、ファッションヘルス、セクキャバといった店舗型の風俗店は24時閉店のところが多いので、深夜や閉店ギリギリに連絡するのはやめましょう。

電話をする際はお店の営業時間の中でも、忙しそうな時間帯を避けると良いです。例えばサラリーマンがお昼休憩になる11時~13時ごろや、繁盛する夜の時間帯(19時以降)に問い合わせると、忙しくてなかなか電話に出てもらえない可能性があります。

もちろんスタッフがたくさんいる大手グループや大型店なら丁寧に対応してくれると思いますが、どうしても手が回らない時もあるでしょう。色々お話を聞きやすいように、空いていそうな時間帯に連絡するか、電話以外の方法で連絡したほうが無難です。

面接日程に余裕を持つ

面接や体験入店は随時歓迎していても、当日すぐには対応できないこともあります。特に店舗型の場合はお部屋の数に限りがあったり、出勤女性数の関係で、急には都合をつけられない可能性があります。店長さんが不在の日もあるでしょう。

なので面接や体験入店は、希望日の前日かそれより前に余裕をもって連絡すると良いです。お店側の都合で対応できない可能性も考えて、2~3日候補日を決めておくとスムーズにやりとりできるでしょう。

また、面接からすぐお仕事に入る際は身分証の確認をされるはずです(※年齢確認などのため…18歳未満や高校生は風俗で働けません)。住民票が必要だったりして、書類の手配に時間がかかることもあるので、やはり事前に相談しておいたほうが良いですね。

風俗バイトとはいえ、面接は普通のお仕事やアルバイトのそれと変わりありません。身だしなみをチェックして、時間を守って行けるようにしましょう。

大切なのは「自分に合ったお店」を選ぶこと

お店のテーマ・コンセプトを含めた全体の雰囲気や、価格帯、一緒に働く他の女の子達の年齢層などなど…自分がそこで働くことを前向きに想像できるかどうか考えてみてください。「ここさえ我慢すれば…」と妥協すると、後々結局同じことで悩んでしまうと思います。

悩んでしまう方は自分の中でどうしても譲れない条件をいくつか設定しておいてその条件を満たしてくれるお店を選びましょう。「時給が高ければ良い!」と思って選んだ方は、大抵後悔して他のお店に移りたくなるそうです。また、働く女の子にとって優しいお店であるかどうかも大切なことなので見学・体験入店(体入)の際にしっかりとお店の人を見ておきましょう。

風俗店を選ぶ条件は人それぞれ違います。人にとって良いからといって自分にも当てはまるとは限りません。ストレスの溜まりやすい職業だからこそ、しっかりとしたサポートを受けられるのかどうかは重要です。働く女の子を大切にしてくれる誠実なお店は、お客様にも誠実で人気のあるお店であることが多いです。

環境も給与も良いお店を選ぶなら自分で条件を決め、確認し、納得して入店することをおすすめします。

『30からの風俗アルバイト』では、大手グループの人気店をはじめ、集客・環境ともに安心できる老舗店、今注目の新店まで、数多くの風俗求人を掲載しています。どんなお店で働きたいか、まずは簡単に条件を決めてから「30バイト」のこだわり・待遇や、エリア、業種などから自分に合ったお店を見つけてみてください。

お仕事探しは30バイトで!

特に今なら「入店祝い金」といって、サイトを通して応募&入店した人に贈られる特典つきのキャンペーンもあります。詳しくはマンガページや別記事で解説しているので、併せてご覧ください。

マンガでわかる!入店祝い金

【お知らせ】入店祝い金が貰えるサイト♪

【お知らせ】入店祝い金が貰えるサイト♪30バイトが4月1日に大幅リニューアルします!

風俗のお仕事は、普通のアルバイトやパートより短時間で高収入が可能ですし、採用される率も高めです。今働いているお仕事とかけもちで働いてもいいですし、コロナ禍で失業してしまった方は次のお仕事が見つかるまでのつなぎとして短期バイトを検討しても良いでしょう。

自分の体やプライベートの都合と合わせて、無理なく目標金額を稼いでいってくださいね!

ちなみに当サイト(30バイト)では、実際に風俗店で働いている30代以降の女性たちのインタビューを掲載しています。どんな女性が、どんな理由や目的で働いているのかなど気になることを色々見られるので、よければぜひご覧ください。

風俗キャストインタビュー
関東インタビュー
関西インタビュー
東海インタビュー
中国・四国インタビュー
九州・沖縄インタビュー

求人情報はこちらから

The following two tabs change content below.
水蜜

水蜜

東京在住/2013年よりWebライターとして活動するミレニアル世代。猫好き。気になる風俗街は吉原、行ってみたい観光地は道後温泉、いま興味があるのはリモート風俗のこれから。