デリヘル服装事情・みんな何着る?予算はいくら?

風俗キャストのお洋服事情!衣装貸与の風俗店なら仕事着に悩まなくて済みますが、デリヘルなど服装自由のところは一体みんな何を着てるの?今回は人妻系のデリヘル・ホテヘルに的を絞って調べてみました。

お仕事服でもおしゃれしたい、上手に賢く買い物したい!私服と仕事着の使い分け(風俗嬢とバレない工夫)や予算なども注目です。

※2020/9月加筆!

私服で接客はムリ?仕事着とわける人もいます

これまでに行った風俗店のインタビューでは、若い子系のお店(オナクラ、メンズエステ)は私服も仕事着も特に分けてない子ばかりでした。私服を買う時に自分好みのかわいい服、男性受けが良さそうな服を選んで買っているのと、「あまり触られない」「接客時はお店の衣装に着替える」業種なのも理由の一つかもしれません。

一方、デリヘルや人妻系ファッションヘルスでは全員が私服・仕事着を分けていました!お店が用意するワンピースやドレスに着替えるからというのもありますが、「身バレ防止」「汚したくない(汚されたくない)」という理由があるようです。

彼女たちの私服はごく普通の主婦が着ていそうなパーカー+デニムのようにとにかくラフで街に溶け込みそうなものだった印象があります。これならバレない!ドレス姿とのギャップがすごい!

よく歓楽街を歩いていると「あれは風俗の女の子だな」と一目でわかるような恰好やオーラの子がいますが、それはきっとお仕事で移動中だからそう見えるのでしょう。パッと見でわかる彼女達も、私服になればもはや普通の子と見分けがつかなくなるかも…。アリバイ対策・知人バレ対策のためにも、私服と仕事着をわけるのは大いに意味があると言えるでしょう!

お店がスカートやワンピを指定する理由

「女性らしい恰好」=誰でも無難!

デリヘル、特に人妻店の中には「面接は女性らしい恰好でお越しください」「服装はスカートやワンピースなど」と指定しているところがあります。これはお店側からすれば、その女性のある程度の気遣いやマナーなどを知るチャンスなのです。

面接に清潔感のある女性らしい恰好で来る人なら、接客でもお客様に好印象を持たれると予想できますし、その逆でスニーカー+上下スウェットで来るような女性はかなり不安ですよね。

風俗を利用されるお客様の年齢層は様々なので、若い方もいればもちろん年配の方もいます。ビシッと素敵なパンツスタイルで決めて行っても「女っぽくない」「隙がない」と思われるかもしれません。

また、女性のスタイルも人それぞれです。スカートやワンピース姿なら一見して女性らしいシルエットですし、ある程度体型もカバーできます。「服装指定されて面倒だな」と思わず、むしろあらかじめ指定してくれてラッキーくらいの気持ちでいきましょう!

ちなみにスカートは短ければいいというわけではありません。30歳以上の大人の女性でミニスカートは下品な印象を与えがちです。また、似合っていても足首までのロングスカートもNG。ひざ丈~ひざ下くらいの短すぎず長すぎず、微妙なニュアンスが上品です。(※体型により太って見えてしまうこともあるので、自分に合う長さを知っておくと良いですね!)

お客様目線+デリヘルならではの事情

お客様目線でも女性らしいシルエットの方が好印象、というのは予想がつきます。でもなぜ風俗店なのに「セクシーな恰好で!」という指定はないのか?これはデリヘル・ホテヘルのような派遣型ではかなり重要なポイントだったのです!

まず、ファッションヘルスやピンサロのような店舗型風俗店なら店内での接客なので、どれだけセクシーな恰好をしていても大丈夫です。お客様も安心してプレイに入り込めます。しかしデリヘルのような派遣型はその格好で外出しなければいけません。

ド派手な格好をしようものなら…待ち合せ型のデリヘルなら、お客様は「あからさまに風俗嬢!」という格好の女性と歩かなければいけない状況になってしまいます。勇気が試されます。これは嫌がるお客様がいても当然ですね。

そして客層によるのですが、サラリーマンが多いエリアのお店だと、お客様はスーツ姿のことが多いです。スーツと並んで浮かない格好が好まれる場合があります。きれいめOLさんのようなオフィスカジュアルや、女子アナ風が好まれる理由はここにもあると思います。

さらにホテヘルの場合は「ホテルへの入室を断られる可能性が出てくる」のです!もちろん風俗OKのホテルもありますが、中にはそういうのをお断りしているホテルに宿泊しているお客様もいます。リスクは減らしておきたいですよね。
※このリスクを避けるために、待ち合わせしてから入室するデリヘル・ホテヘルがあります。よく考えてありますね💡

ホテヘル求人情報

困ったら「女子アナ風」

女子アナ系は服選びのテッパンです。お店のコンセプトがはっきりしているならそれに従えばいいですが、特に指示がないなら清楚で万人受けする女子アナ風を目指しましょう!これが一番無難です。

トップスは例えばシャツよりブラウス、ハイネックよりVネックで鎖骨見せ。「脱いだらどんなだろう」とムラムラさせるためにも、ボディラインがピタピタの服よりどこかにふんわり(ゆるっと)した感じを出せると好印象です。肩や背中が大きく開いた露出度の高いデザインは「いかにも風俗嬢」になりかねないし、想像する頼みを奪ってしまうので控えめに…!

カラーは派手な原色やモノトーンを避けて、パステルカラーのような淡い色が好感度が高そうです。プリント系は小さめで!たとえトレンドでも大きな花柄や水玉は、周りの人に「なんか派手だな」と目立ってしまうのでNGです。

迷ったら「白ブラウス×無地のひざ丈スカート」+「寒いときはカーディガン」が無難かつ王道なので、ここに収まっておきましょう。人妻系で若作りは逆効果なので、ミニスカートはNGです。ちなみにストッキングは履いておいたほうが人妻系らしくて良いでしょう。

脱がしたい・脱がされたくない

男性はややこしい服が苦手

風俗を利用されるお客様は「脱がしたい💗」と思っている男性が多いのではないでしょうか。プレイ前の脱がすドキドキも楽しみたい♪でもボタンがいっぱいついていたり、ファスナーがわけわからないところにあったり、ホックがいじりづらかったり、そもそも構造が謎過ぎたりと「脱がし方がわからない」複雑な女性服ってけっこうありますよね。

そうなると「どうやって脱ぐの?」となり、女性も「これはこうです~」と自分で脱いでしまう結果に…。切ない。男性はややこしい服が苦手な傾向にあるので、スポッと脱げるワンピースだったり、背中のファスナー1つでいい服だったりと、脱がしやすさも考慮してあげると良いかもしれません。

ファスナー上げ下げは素敵なお仕事

面倒な服が苦手な男性でも、「背中のファスナーの上げ下げは好き」むしろ好き、という方もいます。ブラのホックを外す並に好きな作業!なので時間に余裕があるなら「ファスナー下げて💗」、プレイ後も「ファスナー上げて💗」でちょっと素敵な時間をプレゼントしてあげてはいかがでしょうか…。

そもそも服に触られたくない

これを言ってしまっては元も子もないですが、「服に触られたくない」というキャストさんもいます。別にブランド服ってわけじゃないけど、1日に何回か接客するから汚されちゃうと困るという人や、乱暴に扱われてレースやファスナーが壊れたら困るという人など事情は様々。髪の毛が引っかかったり、メイクがこすれて落ちちゃうという女性ならではの理由もあります。こういう時は、もう上手にかわすしかありません。

さすがに「触らないで💢」とは言えないので、相手を脱がしつつ自分もすぐ脱ぐとか、「脱ぐから見てて~」と言ってみるとか…。上手にかわす方法をいくつか考えておくと良いですね。

「汚しそうだから脱がせたくない」「脱がしてほしいけど、脱がしたくはない」という男性もいるので、相手の様子をうかがいつつ、判断していきましょう!
※高級店ではこのあたりのルールが決められている場合もあります。お店に確認しておくと無難です。

予算500円~5,000円に抑える女性多数

男性はブランドがわからない

あまりにもペラペラで安そうな服や、シワだらけのみすぼらしい服は常識的にNG!でも別にブランドにこだわる必要はありません。風俗客に限らず男性は女性のファッションに詳しくない人が多いので、ブランド物じゃなくても小綺麗で女性らしい色や形なら問題ありません。似合う・似合わないもあるので、自分の体型に合うアイテムを知っておくと服選びが楽です。

セールや激安店を大活用

長く使いたいお気に入りの私服というわけではないので、お仕事服と割り切って安いお店で買う人多数!

通販の半額セールや割引セールを狙う
マルイやルミネに入ってるブランドでセール時に買う
アルタに入ってる服屋で買う
ネットオークションやメルカリのようなフリマアプリで安いのを探す
しまむら、GU、ユニクロなどで安くてそれなりに形がいいやつを探す
セールのタイミングでワンピをまとめ買い

…などなど、みんな賢くお買い物をしているようです。リーズナブルな価格の店のものは、その店のアイテムだけで統一するのではなく、ちょこちょこ組み合わせるのがコツ。

高級店の事情や人気のブランド

高級店では「(お客様が)連れて歩いてイイ気分になれる女」を目指した方が良い!というわけで、安ブランドのペラ服ではなくそれなりにお金をかけているキャストさんが多いです。パッと見の印象で「イイ女だな~」と思わせなくてはいけないので、服のオーラも味方につけるのです!

お姉さん系やアラサー女性が参考にしているのはやっぱり女子アナ風、雑誌だと美人百花系。服選びは「ふらっと買い物に行って流行りの物を買う」人もいますが、お気に入りブランドがある女性もけっこういます。よく話題になるブランドと、ワンピースの価格帯(約いくら)を並べてみました。

OL・女子アナ系
PROPORTION BODY DRESSING(プロポーションボディドレッシング)/ワンピース予算14,000円、ブラウス予算7~8,000円、スカート予算10,000円
anatelier(アナトリエ)/ブラウス予算14,000円、スカート予算18,000円、ワンピース予算10,000円

アナトリエのワンピはセール時に1万円以下になっているのでお得に買えるチャンスあり!どちらも女性らしくてきれいなパターンの服が多いので、私服でも違和感がありません。

その他人気のブランド
Apuweiser-riche(アプワイザー・リッシェ)/予算2~3万円
JUSGLITTY(ジャスグリッティー)/予算2.5万~3万円
↑年齢によりこれらの姉妹ブランド「リランドチュール」や「マイストラーダ」など、いわゆる「アルページュ」系
ef-de(エフデ)/予算2.5~3万円
PAOLA FRANI(パオラフラーニ)/予算7~10万円
FOXEY (フォクシー)/予算8~10万円

後半2つはかなり高価なので、本気の高給取り嬢じゃないと手が届かない!アプあたりはまんま美人百花ですね。

服は自分の気分も上げてくれる!

デリヘル・ホテヘル系風俗キャストのファッションの基本は、女性らしさ&目立たないこと。頑張りすぎて若作りをしても痛々しく映ってしまうので、人妻系なら「隣の家の感じいい奥さん」をイメージすると良いかもしれません。

派手過ぎるのはもちろん、地味でダサ過ぎてもいけません。お金をかけず、まずはファストファッションのブランドを上手に取り入れて、お仕事用のコーディネイトを数パターン作っておくと便利かも。

脱がせたくない人、お金をかける人、かけない人、色々ですが…
服はお客様だけでなく自分の気分も左右します!たとえ安く買えても気持ちが乗らない服は、着ていて楽しくないですよね。まあまあの値段でも、すごく自分が気に入ってるデザインや色の服の方が、着るときもテンションが上がります。

そしてそういう気持ちはなんとなくその人のまとうオーラになるので、「似合う服を着て楽しそうな女性」と「見るからに安い服を着てダルそうな女性」なら本指名が取れるのは一目瞭然!ムリしてお金をかける必要はありませんが、お客様以前にまずは自分が楽しくなれるような服選びをしてみてくださいね。

デリヘル求人情報

なお、当サイト(30バイト)では実際に風俗店で働いている女性たちにインタビューを行っています。全国各地の現役嬢さんたちのリアルな声がわかるので、気になる方はぜひこちらもご覧ください。

風俗キャストインタビュー
関東インタビュー
関西インタビュー
東海インタビュー
中国・四国インタビュー
九州・沖縄インタビュー

求人情報はこちらから

The following two tabs change content below.
30バイト編集部

30バイト編集部

当サイトに掲載中のおすすめ店のご紹介や業種解説、風俗のお仕事をしている女性が気になる情報やちょっとした女性向けコラムなどを随時掲載していきます。求人ページでは全国各地の風俗店(募集情報)を豊富に掲載中!ご応募の際はぜひ「30バイト」をご活用ください。