お客様の指入れが痛いときにはどうするべき? 上手に伝えるテクニック

風俗では、女の子のアソコに指を入れて刺激する指入れのプレイが好まれます。しかしアソコはデリケートなので指を入れて激しく動かされると痛みを感じますし、我慢して続けると傷がついて雑菌が入ってしまい仕事に支障が出ることもあります。今回は、指入れが痛いときにお客様に上手に伝えて回避するテクニックを紹介します。

指入れのプレイが好きな男性は多い

巷には、激しい指入れで女の子をイカせるようなAVがあふれています。
女性経験が少なくAVだけを見て知識や技術を学んだ男性は、風俗でも激しい指入れをしてしまいがちです。
女性をイカせようとして濡れていないアソコに乱暴に指入れをされても、痛いだけで全然気持ちよくないのは当たり前ですよね。

とはいえ「痛いからやめて!」と強く伝えてしまうと、お客様の気持ちを傷つけてしまうだけでなくクレームにつながってしまうこともあるので上手く対処する方法をご紹介していきます。

指入れが痛いときにさりげなく指入れをやめてもらうテクニック4つ

指入れ以外のプレイに誘導する

指入れが痛いと感じたときには、さりげなく他のプレイに誘導してみましょう。

「おっぱい責めてほしいな」
「中よりクリ派なの」
「私クンニですぐイッちゃうんだ」

など、お客様を別のプレイに誘導するためのセリフは色々考えられます。

お客様を別のプレイに夢中にさせて、指入れのことを忘れさせてしまいましょう。

イッたふりをして指入れをやめてもらう

指入れで激しく責められたときには、体をビクビクさせながら喘いでイッたふりをするのもオススメです。
男性は女の子をイカようとして激しい指入れをするものなので、イッてしまえば男性は満足するでしょう。

しかし、中にはイッたふりをしても指入れを続けようとするお客様もいます。
そういうときには「イッたあとは少し休まないと痛いんです~」と伝え、やめてもらいましょう。

恋人プレイで指入れを回避する

普段から恋人プレイに徹しておくのも、ハードな指入れを防ぐテクニックのひとつです。
ラブラブな会話やイチャイチャプレイで恋人同士のような雰囲気を演出すれば、乱暴に扱われる可能性も低くなります。

それでも激しくされたときには「もっと優しくしてほしいな」と伝えたり、「感じ過ぎちゃった。次は私が責めてあげるね」とプレイを切り替えたりするのが効果的です。

指入れが苦手なことを正直に告げる

プレイを始める前に「アソコが弱いから激しい指入れはできないの」とはっきり伝えてしまうのもひとつの方法です。

ただし、はっきりと伝えてしまうと、指入れをしたいと思っていたお客様をがっかりさせてしまうこともあります。
丁寧に接客したり濃厚なサービスをしたりして、指入れを遠慮してもらった分カバーするように心掛けましょう。

お客様の指入れが痛いと、ついイライラしてしまうこともあるかもしれません。
しかし、指入れを上手に回避するコツを知っておけば、お客様を傷つけたり場の空気を悪くしたりせずに済むものです。
ここで紹介したテクニックを活用して、上手に指入れをかわしてみてくださいね。

『30バイト』では優良な風俗店をたくさん掲載しております。
テクニックを駆使して稼げるお店を探して高収入を稼いでください。稼げる優良店を見てみる

The following two tabs change content below.
セレブdeたぬき

セレブdeたぬき

風俗のバイトをしながらライターをしているアラサー女です 派遣会社と居酒屋で働いてギリギリの生活をしていましたが、風俗のバイトをはじめてから「時間」と「お金」に余裕が生まれ充実した日々を送っています。 多くの方に風俗の仕事の魅力を知ってもらい、生活を華やかにしてもらいたいと思ってます♪