子育てはつらいよ……風俗で働くママの正直しんどい夜間の子どもの預け先問題!!

現在、子育てをしながら、人妻風俗求人・募集『30からの風俗アルバイト(30バイト)』の新米ライターとして働くワーキングマザー(バナナみるく)による、風俗で働きながら子育てをするママさんに役立つ情報ブログを日々更新中! ワーママをはじめ、同世代の女性の皆さんが思わず共感してしまう、出産&育児に纏わる金銭事情のぶっちゃけトークや、等身大の“あるある”なお悩みを織り交ぜつつ、皆さんのお役立ち情報を発信します! 今回は、どうしても夜間に子どもを預けて働かなくてはいけないママさんのために、私が実際に夜間保育施設を利用した時の体験談をご紹介!! ぜひ参考にしてみてくださいね♪

『30バイト』をご覧の皆さん、おはようございます!

この前親戚のおばちゃん達から、

「こんなに小さい赤ちゃんを保育園に預けているの!?」
「子どもは小学校に上がるまで、母親がしっかりと育てるべき!」
「夜中まで子どもを保育園に預けているなんて、かわいそう!」

等々…。
好き勝手な意見でマウントを取られたことにイラっとして危うく、ちゃぶ台をひっくり返しそうになったバナナみるくです♪

「私だって出来ることならば、ずっと子どもと一緒にいたいわ!!」

思わず、こちらには書けないような口汚い言葉とともに、飛び出しそうになる反論をぐっと飲み込みながら、苦笑いでやり過ごしたあの瞬間を決して忘れません^^;汗

しかし改めて考えてみると…

どうしても急にまとまったお金が必要となり、昼夜問わず働いて収入を得たい子育て中のママがいた場合、いくら寝ているだけの乳幼児とは言え夜中に家でひとりお留守番をさせて働きに出るのはとても危険です!
(↑例え数分間でも乳幼児の置き去りは絶対にやめて下さいね><!!)

それならば夜間でも預かってもらえる保育施設を利用した方がママも安心してお仕事に集中できますよね!

とは言え夜間に子どもを預かってくれる“24時間の保育施設”と聞くと、何となく不安な気持ちになってしまうママさんが多いようです。

確かに主にベビーホテルと呼ばれる認可外施設では管理不足などを原因とする痛ましい死亡事故が度々起きているので、そんなイメージばかりが独り歩きしてしまうのも仕方ありません!

かく言う私も、数年前まではその一人で、夜中に子どもを保育施設へ預けることには、不安感や恐怖、罪悪感を抱えておりました。

しかし、背に腹は代えられない事情で実際に子どもを認可外の夜間保育施設へ預けてみたら、そんな心配はあっと言う間に吹き飛びました!

そこで、実際に私が夜間保育施設に子ども預けた時の体験談をご紹介します!

↓↓↓

思い返せば、上の子がズリ這いで部屋中を動き回るようになった頃。
(※確か7~8ヵ月くらいだった気がする)

知り合いの編集さんからの依頼で、某誌の特集ページを担当することになり、その取材と撮影が深夜テッペンを過ぎる長丁場となることが判明!

その頃はまだ子どもが現在の保育園に入っていなかったので「子ども…どうしよう><;」と、あたふた(汗)。

オムツや哺乳瓶を持ったことが無い旦那への“イクメン教育”失敗を悔やみながら、事故のニュースがあったりして不安だけど、夜中まで子どもを預かってもらえる保育園や託児所の方が旦那の子守りよりよっぽどマシと考えた私は慌ててネット検索してみたところ…

夜間保育施設って、意外とたくさんあるものなんだ!

というのが、第一印象でした!

夜間保育施設には認可されている保育園ベビーホテルと言われる認可外の保育施設があり、認可施設を利用するには空き状況の問題や役所への利用申請書類提出の手間がかかるので、その時は不安感を抱えながらも認可外の夜間保育施設を利用することに!

調べてみると利用料やサービスも様々!

私は東京都内にある認可外の夜間保育施設へ片っ端から電話をかけまくって詳細を確認しました。

その時の印象として0~2歳児は他年齢児よりも高額で、東京都の全体的な相場としては0歳児の夜間一時保育利用が800円~2,200円(非会員/1時間)
一番高額なところで3,500円(非会員/1時間)というところも!

冷静に考えれば0歳児は他の年齢の子どもよりも手がかかるし、より慎重に保育しなければいけないので、その分の料金が割高なのも納得ですよね!
逆に安い方が心配かもしれません!^^;

基本的な保育料に加えて、施設によっては多種多様な有料サービスがあり、オムツやミルクや離乳食などは全て施設で準備されており、お着替えだけ持参したらほぼ手ぶらで子どもを預けられるところがあれば、普段使うグッズに加えて睡眠時用のバスタオルなどを全て持参しなければいけないところも!

ただでさえ仕事の荷物で手いっぱいなのに、子どもの大量の荷物まで持参するのは大変なので、私は有料サービスを利用することにしました!
(※施設によっては荷物を持参すれば安くなる場合と持参しても費用がかかる場合があるので事前に要確認です!)

また、お風呂は基本的に湯舟よりもシャワーのところが多い印象でした!

シャワーならば溺れる危険も少なさそうなので、ある意味その方が安心かも!?(苦笑)

 

そして…いよいよ子どもを預ける当日!
施設に到着するとまずは母子手帳保険証・乳児医療証のコピー、日常の様子や習慣などを記入した書類を提出します。

続いて子どもの熱を測り身支度を整えたら、あとは我が子をギュッと抱きしめながら、しばしの別れを告げて、施設の先生に預けて受け入れしてもらうという流れ。

恐らく、この流れが一般的かと思いますが、別の施設では予定よりも少し早めに到着して、保育士と面談をしてから受け入れしてもらうというパターンもありました!

その施設では保育中の様子を随時写メで送ってくれたので、私はそれを見ながら安心して仕事をすることができました♪

その分、少し高めの料金設定でしたが…(苦笑)。
仕事を終えてクタクタになりながら、深夜1時過ぎに施設へ到着すると、保育士からその日の子どもの様子を口頭や書面で報告されます!

自分と接していない間の子どもの様子を聞きながら、その姿を想像して、改めて愛おしく感じたりなんかして^^♡

子どもの帰り支度を整えた後、睡眠スペースから抱っこで連れてこられた我が子はスヤスヤと気持ち良さそうに爆睡していたので、そのままそっとベビーカーに乗せて帰宅しました!

 

今回は私の夜間保育利用経験をご紹介させていただきましたが、皆さんの中の“夜間保育”に対するマイナスイメージや不安感を少しでも軽減していただけたら嬉しいです!

現在、昼間に風俗業界で働いているママさんの中には「本当は夜も働きたい……」と悩んでいらっしゃる方も多いと思います。
もし、そのお悩みが切迫しているのであれば、子どもを夜間保育施設に預けて働くという選択肢があるので、ぜひ諦めないで下さいね!

 

子どもを夜間に保育施設へ預けるということは、どうしても急な発熱などで施設からお迎え要請があったり急に欠勤せざる得ない状況になりがちですが、人妻店ならばそのような子どもの事情にも理解があるので安心して働くことができます!!

ちなみに認可外保育施設ならば子どもを預ける理由を深く突っ込まれないので保育中にママと連絡が取れる状況であれば、身バレの心配なくアリバイ会社の出番がほぼ無いというメリットも!

アリバイ会社の有無に関係なく働けるのでお店選びの選択肢が広がりそうですね!

しつこいようですがいくら寝ているだけの乳幼児とは言え、夜中に家でひとりお留守番をさせて働きに出るのはとても危険です!
(↑大事なことなのでもう一度!絶対にやめて下さいね><!!)

 

現在、認可外の夜間保育施設と言われるベビーホテルは全国で1,530カ所前後あるそうなので、もしかしたらご自宅や現在働くお店の近くにもあるかもしれません!

もし、どうしても子どもを預けて働かなければいけない事情があるようでしたら一度気になる施設へ見学に行ってみてはいかがでしょうか!?

施設ごとに様々な料金設定とサービスがあり、場合によっては保育中に出た汚れ物を洗濯しておいてくれるという、とても助かるサービスを提供してくれる施設もあったりします!

このように多種多様な施設があるからこそ、保育環境も様々でネットや口コミだけではわからない部分も存在します。

実際に私が利用したことがある施設の中には0歳児が寝ている横で3~4歳児が全力で走り回っており、少しヒヤヒヤする場面もありました(苦笑)。
夜間に大事な我が子を預けるからこそ、ママが安心できる施設と出会うことが一番ですよね!

そのためには、お時間が許す限りいくつかの施設見学をオススメします!

あとで何かがあった時に後悔しないように少しでも気になることや心配なことがあれば、自分が納得できるまでその施設の保育士に相談してみても良いかも知れません!

ちなみに、私は現在とても信頼できる保育施設と出会うことができました!

認可あるいは認可外問わず安心できる施設はたくさんありますし、不安でいっぱいな施設もたくさんありますが大切なのは子どもが笑顔でいられる環境かどうかなのかなと。

預けた子どものお迎えに行ったら…
送りの時と同じオムツのままだった」(※経験談)
洋服が汗やヨダレ、吐乳でビショビショだった」(※経験談)

という状況が続くようであれば、その施設の利用は考え直した方が良さそうですね…^^;汗

生活のため……

家族のため……

子どもの将来のため……

夢を実現させるため……

借金を返済するため……

欲しい物があるため……

風俗業界で働くママは色々な事情を抱えて頑張っている方が多く、少しでも効率的に高収入を稼ぐためには、夜間にお仕事をするという選択肢もあるので、
是非この機会に夜間保育施設についてチェックしてみてはいかがでしょうか!?

ところで……。

こうして記事を書きながら気付いたことがあるのですが、上の子の時には安心できる保育施設に預けているとは言え少しでも離れて過ごす時間があると何となく心配で心配で落ち着かなかったのですが、
下の子の時には不思議とそういう感覚がなく毎日お仕事に没頭しているうちにあっという間にお迎えの時間がやってくるのです。

なんでだろう!????

あるのは下の子がまだ0歳の乳飲み子であるがゆえに、ただただおっぱいがカチンコチンに張って痛いということだけ!!(>_<)
もしかしたらそれだけ現在の保育園を信頼しきって安心しているからなのかも知れませんね!

そんなわけで只今おっぱいが大変張っておりまして、とても痛くて辛いので今日は早めに失礼します♪(^^)ノシ

P.S.「搾乳すればええやん」というツッコミは聞こえないフリ♪(笑)

風俗バイトは「30バイト」をチェック

The following two tabs change content below.
バナナみるく

バナナみるく

子育てをしながら、人妻風俗求人・募集『30からの風俗アルバイト(30バイト)』の新米ライターとして働くワーキングマザー(バナナみるく)による、風俗で働きながら子育てをするママさんに役立つ情報ブログを日々更新中! 詳しいプロフィールは、このブログの初回記事をご覧ください♪→ https://www.30baito.net/blog/8300