デリヘル求人でよく見る自宅待機とは!?メリットからデメリットまで徹底解説

デリヘル求人でよく見る自宅待機とは!?メリットからデメリットまで徹底解説

風俗に詳しくない女性のために、デリヘルにおける自宅待機のメリットからデメリットまでを解説!高収入を得るためには必要な知識ばかりです。デリヘル勤務を考えている方は必見!!

デリヘル求人はこちら

デリヘルの自宅待機とは!?

ソープランドやファッションヘルスのような店舗型と違い、デリバリーヘルス(デリヘル)は実店舗がありません。

そのためお店の中でサービスするのではなく、お客様が指定するホテルや自宅に出向いて、性的サービスをするお仕事となります。

お仕事が入るまでの待機方法は、事務所の中にある待機所で待機することがほとんど!

個室待機・集団待機と待機方法は色々ありますが、基本は待機所で過ごします。

その他の待機方法として、事務所付近のネットカフェなどで待機する「外待機(自由待機)」や、送迎車の中にいる「車待機」、「自宅待機」などがあります。

自宅待機なら、お仕事の連絡が来るまで自宅で自由に過ごせます。

ただしデリヘル嬢に自己管理能力が求められるため、お店から自宅待機の許可をもらうには、基本的に以下の2つの条件をクリアする必要があります。

職場の近くに自宅があること

自宅がホテルエリアや事務所から近いことが第一条件!

30分ぐらいで行ける場所に住んでいないと、自宅待機はまず許可されません。

勤怠に問題ないこと

お店との連絡が取りづらい女性や、遅刻を繰り返すような時間にルーズな女性は自宅待機NG。

お店からお仕事の連絡が入ったら、すぐ行動に移す心構えが要求されます。

自宅待機OKの求人情報

自宅待機で得られる4つのメリット

自宅待機のメリット

人によって感じ方は異なるところですが、自宅待機をするメリットは大きく分けて4つあります。

出勤疲れがない

お店に出退勤する必要がないから、通勤疲れとは無縁です。

お仕事が入ったら、専属の送迎ドライバーさんがホテルや自宅まで送迎してくれるので移動の心配もありません。

待機時間を自由に使える

自宅待機中は自由に時間を使えます。お店から連絡が入ったらすぐ出られる状態にさえしておけば、家事、掃除、洗濯、DVD鑑賞など、何をしていてもOK。何かと家事がたまりがちな、家庭がある女性にとっても嬉しいポイントです。

人間関係のストレス軽減

自宅でリラックスした状態で待機するだけなので、店舗や事務所での待機に伴う、スタッフや同僚女性たちとの人間関係の面倒がありません!

人間関係のストレスで悩む子は多いので、少しでもそのストレスを軽減できるのは嬉しいですよね。

身バレを防ぐ

風俗嬢が身バレする原因は、お店周辺の繁華街やホテル街で友人知人に目撃されるケースがかなりの割合を占めています。

自宅待機なら、送迎車に乗って自宅とお客様がいる場所との往復ぐらいですから、人に見られる危険性は少ないといえるでしょう。

送迎車は目立たない普通の車ですが、家から少し離れた場所で乗り降りすると、身バレ防止率はさらにアップします。

自宅待機にはデメリットも

自宅待機のデメリット

以上に挙げたように、自宅待機にはさまざまなメリットがあります。その一方でいくつかのデメリットも。

デメリットを大きな負担と思い悩むのであれば、事務所待機可能なデリヘルか、店舗型風俗店を選ぶようにしましょう。

自己管理を強いられる

自宅待機といっても、完全に自由ではないのです。お店からの連絡に備え、常にスマホを意識して、いつでも出勤できる準備をする必要があります。自己管理がきっちりできない方には、自宅待機は不向きといえるでしょう。

相談できる相手がいない

自宅待機をしていると、同じお店で働く女性との接点がないため、人間関係のストレスはありません。

その代わり、デリヘル嬢ならではの悩みを相談できる話し相手がいないというデメリットもあります。

風俗で働くことの辛さや、お店のさまざまな問題点についての話は、スタッフや同僚の女の子が最適ですよね。

一人だとちょっと寂しく感じてしまうような女性や、誰かと話してスッキリしたい人は、集団待機のあるお店を選ぶと良いでしょう。

自宅待機では意外に稼げない!?

自宅待機のデリヘル嬢には、フリー客があまり回ってこないリスクがあります。

お客様の予約時間や場所にもよりますが、お店はすぐに出勤できる事務所待機の女の子をフリー客に回す可能性があるからです。

これでは新人さんはかなりキツイですよね。そのため、自宅待機はランカー嬢(ランキング入りしているような人気嬢)や、勤怠態度の良い一部の女性にのみ許可しているお店が多いはずです。

シフトを出せばすぐ予約で埋まるような売れっ子なら、自宅待機でも十分稼げますからね。

本気で稼ぎたいと思うのであれば、入店してからしばらくの間は、本指名・リピーターを大勢獲得するまで、事務所待機を選択するようにしましょう。

風俗求人掲載中!

自宅待機に向いているタイプとは

自宅待機のメリットとデメリットをいくつか紹介してきました。

あまり自宅から出たくない方、同僚のデリヘル嬢との接点を持ちたくない方、家事などしつつマイペースに稼ぎたい方は、自宅待機に向いているタイプといえるでしょう。

当サイト『30からの風俗アルバイト』では自宅待機OKの風俗求人情報をここから探せます!

自宅待機OKの求人情報

「自宅は面倒そうだけど、せめて個室で待機したい」という方は「個室待機」のお店がおすすめ!

個室待機の求人情報

待機中のストレスを減らし、あなたのペースで高収入を稼いでくださいね。

デリヘル求人はこちら

The following two tabs change content below.

30バイト編集部

当サイトに掲載中のおすすめ店のご紹介や業種解説、風俗のお仕事をしている女性が気になる情報やちょっとした女性向けコラムなどを随時掲載していきます。求人ページでは全国各地の風俗店(募集情報)を豊富に掲載中!ご応募の際はぜひ「30バイト」をご活用ください。