コロナ禍でパパ活【絶対NG】危なくて損する素人活動よりちゃんとお店で働こう!

コロナ禍でパパ活【絶対NG】危なくて損する素人活動よりちゃんとお店で働こう!

コロナ自粛の影響で収入が減り、パパ活でお金を稼ごうと考える女性もいるかもしれません。しかし安易に稼げる世界ではなく、市場は女の子が飽和状態の上にデフレ状態(価格が下落中)。

同じ高収入を稼ぐなら、危ない橋を渡るより安全な道を行きたいですよね。せっかく緊急事態宣言も解除されたのですから、お金の稼ぎ方についてもう一度しっかり考えてみませんか?

『パパ活』とは男性からの金銭支援

パパ活について

パパ活とは女性が男性とデートをして、その見返りにお小遣い(金銭的支援)を受けることです。間にお店などが入らないため素人同士の活動となります。1990年代に流行し問題となった出会い系や援助交際と違う点は、必ずしも肉体関係に至らないというところです。お食事や外出デートのみでお金を受け取ることもあり、もともとはこちらがメインのようでした。

「パパ活」という言葉はそれまでの援助交際の悪いイメージ転換のために、大手交際クラブが作り出したと言われています。ちなみにどちらも未成年が行う(相手と性的関係を持つ)と違法になる点は同じです。

ちょうど「港区女子」という言葉が流行り始めたのと同じくらいに「パパ活」やそれにともなう用語も広まり、「パパ活女子」「P活」「P嬢・P」などSNS用の略語も増えていきました。それと同時にこれまでハイレベルな女性がひっそりこうした活動をしていた市場に大量の素人女子が参入してきたため、女性の質の低下、ひいては客層(男性)の質の低下も叫ばれています。

今では「お食事だけで3万円」なんて夢のような話はなく、肉体関係ありき(パパ活では「大人」という隠語で表現されます)がスタンダードになってきています。そのあたりの意識が低い男性たちが続々と増えており、アプリ等でも「大人の関係希望です。食事のみ・お話のみはNG」と堂々とプロフィールに書く人もいます。

稼げる人はハイレベル

パパ活をする女性は20代前半の若い女性とされていますが、流行る前から活動していた女性の中には30代の女性もいます。どのような人がリッチな客層を手にして稼いでいるのかというと、目安としては高級デリヘルや高級キャバクラで採用されるような女性です。美貌だけでなく会話の機知に富み、きちんとした社会的地位(本業)があり、高級店に連れて行っても恥ずかしくないような身だしなみ、マナー、食事作法などが身についている女性というところでしょうか。くわえて、男心を絶妙にコントロールするテクニック…もはや接客のプロですね。

可愛いだけの素人女子大生や普通の女の子では、一時的には稼ぐことはできても息の長い太客を掴むのは難しそうな世界です。さらに最近は「風俗より安心だろう」と勘違いした女性たちが続々とパパ活に注目しているので、もはや女の子は飽和状態。よほど男性の目を引くなにかがないと、まともに稼げなくなってきています。

華やかなSNSの実態を探る

Twitterを例に挙げると、お食事デートだけで数万円もらったというような華やかな生活をアップしている女性はたくさんいます。彼女たちは美女アイコン(たいていは芸能人やモデル、もしくは美女イラスト)で、アップする写真は札束にネイルやブランドのバッグ、高級料理店の食事など…。

これだけ見ると「こんなに稼げて華やかな世界なら、私もワンチャンあるかも」と勘違いする女性が出てきても無理はありません。しかしそうしたP嬢たちの実態はどうでしょうか?Instagramと同時更新している人もいれば、ブログをやっている人もいるので見てみると…。どうも実態の掴めない情報ばかり。もちろん身バレ防止のために細かいことは書かないでしょうけれど、基本ブログをやっているとしたらそれはアフィリエイトブログです。

アフィリエイト自体は簡単に言うと「Aさんが紹介していた商品をBさんが購入すると、Aさんに紹介料が入る(Bさんは特に損はしていない)」という仕組みなので別に悪いことではありません。しかしアフィリエイターが顧客獲得のためにパパ活女子を装ってブログやTwitterを更新している可能性は十分にあります。

また、世の中には「アカウント売買」という仕組みがあり、フォロワー数の大きいアカウントはそれを買いたいという企業や人がいます。あなたがフォローしていた有名アカウントが、ある日突然サングラスの広告ばかり垂れ流すbotになったり、LINEに誘導するようなアカウントになったことはありませんか?あれもアカウント売買の末路と言われています。(乗っ取りとは別です)

華やかなパパ活女子としてたくさんのフォロワーを集め、アフィリエイトブログに誘導したり、頃合いを見てそのアカウントを売って逃亡する…絶対にないとは言い切れません。札束の写真が載っていたとしても、今はYouTube等の撮影用にフェイクの札束(おもちゃ)が売られている時代です。「すごいなぁ」と眺めるだけならまだいいですが、頭から信じて「私もこうなりたい!」と思い込まないようにしましょう。

稼ぎたいなら『30バイト』!

SNSは危険!TwitterでのP活はNG

有名人でもSNSは使わない

パパ活アプリはたくさんあるけれど、試しにTwitterのようなSNSで様子を見てみよう…と初心者なら思うかもしれません。しかしTwitterにいるパパさん(男性)はほぼ100%女性をだますことが目的だったり、安いお金でエッチなことをしようと企んでいると言っていいでしょう。アプリを利用したくないということは「身分証明や年齢確認をされたくない・いつでもアカウントを消して逃亡できる状態がいい・アプリに課金する程度のお金もない」ということでもあります。

Twitterでは数年前から性的に奔放な女性アカウントやP嬢のアカウントが一時的に有名になっては消えていっていますが、彼女たちに共通していたのは「Twitterでは出会いません」と宣言していたことです。実在するか不明なまま有名になった女性達ですが、彼女たちは絶対にSNSは利用しなかったんですね。このことはしっかり頭の隅に置いておきましょう。

注意するべきポイント

Twitterに限らずアプリでも危険人物を見分けるポイントはいくつかあります。よく言われているものを挙げておくので参考にしてください。

★月極で大金を呈示する…その都度お金を払うのではなく、月額いくらで大金を払うという人。初回から顔合わせもなくエッチをしようとした上に、そのまま逃げられる可能性が高いです。

★女性に先に振り込ませる…なんだかんだ理由をつけて、なぜか女性の方から先に数万円を入金させる人。もちろんそのまま逃げられます。手口としては「会社経営をしていて税金対策のため」や「どうしても入金しなきゃいけない企画を抱えていて助けてほしい、その報酬が月末に入るのでそこから倍にして返す」など。

★個室・密室・車で会おうとする人…初回の顔合わせでカラオケや個室居酒屋、ドライブデートを提案する人は危険です。何をされるかわかりません。何かあった時にすぐ助けを呼べたり、人の目があるような開放的なカフェが無難です。ホテルのラウンジはそのままホテルの部屋に誘導される可能性があるので気を付けましょう。

★未成年…これは男性が未成年でも、女性が未成年でもアウトです。絶対にやめましょう。

こうして文字にすると「そんなのちょっと考えればわかるよ」と思うかもしれません。しかし残念ながら、こうした人物相手にお金をだまし取られたり、「これは会っても大丈夫でしょうか?」とSNSや掲示板で相談をしている女性が後を絶たないのです。目先のお金に目がくらみ、冷静さを失わないようにしましょう。

お店で働くメリットについて

パパ活をやろうかどうしようかと思い詰めている女性は、当然金銭的に悩んでいるはずです。明日のお金にも困っている状態だと、冷静さを失ってしまうのは無理もありません。前述したような手口でだまされてしまう人がいるのも、その弱っている心に付け込まれてしまうからでしょう。責めるべきは被害者ではなく、だます側なのですが、では安全にお金を稼ぐにはどうしたらいいの?とも思いますよね。

一般的には日雇い日払いアルバイトに登録したり、本当に切羽詰まっているなら行政の支援に頼るなどという方法がありますが、それとは別の方法を探してパパ活に行きついてしまったはず。もしここまで読んでまだ迷っているのなら、危ない橋を渡るより高収入の日払いバイトを検討してみる、という道もあるとお伝えしておきます。

風俗「店」に在籍するということ

「風俗はこわい」と感じるかもしれませんが、基本的にデリヘルやファッションヘルスのようなヘルス系でも本番行為は禁止されています。流行りのエステ系なら、手だけのサービスなので密着度も低く安心感も高いでしょう。この他にもピンサロ、セクキャバ、ライブチャットなど風俗には色々な種類があります。

そしてどれも共通しているのは「素人対素人」ではなく「お店を介している」ということ。パパ活の場合、相手がだましのプロだと素人女性はとても簡単には見抜けませんが、風俗店で働いているなら間にお店が入っているので、何かあった時の対応も色々やりようがあります。派遣型ではなく店舗型ならなおさらすぐ近くにスタッフがいるので、助けも求めやすいです。

苦手なお客様に当たったときに次回からNGにしてもらったり、初対面であまりにもひどかったら接客せずにスタッフに連絡してキャンセルにしてもらうなど、身を守るやり方があります。困った時に「お店のルールでそれはできません」と言うこともできます。これは個人で活動していたらできない方法ですよね。

※入店時や研修時に、困ったお客様に当たった時の対処法を教えてくれるお店は親切です。そのあたりのレクチャーを飛ばすスタッフさんもいるかもしれないので、わからないことがあった時は遠慮なく聞いておきましょう。

きちんとお金が入ります

風俗店で働いているなら、接客すればきちんとお金がもらえます。たしかにパパ活の「大人1回数万円」に比べたら安く感じるかもしれませんが、払われるかどうかもわからない、ほんとかウソかもわからない、さらに言うと「ほんとに出会えるかどうかもわからない」人を延々と待つより、コスパという面でも良いのではないでしょうか。

普通のお店ならあまりにも不衛生な人や泥酔者は受付時にNGにしていますが、パパ活はどんな人が来るかわかりませんよね。しかも拒否の仕方もわからない状態だと、なし崩しに関係を持ってしまうリスクもあります。そしてお金ももらえなかったり、提示額より安い金額で買い叩かれたり…。後から調べようにも、ブロックされておしまい。わざわざそんなリスクを負う必要はないのです。

風俗で働いている女性たちはそれぞれに事情があり、それぞれ悩みながらも働いて稼いでいる「普通の女性」がほとんどです。当サイトでは実際にお店で働く女性達へインタビューも行っているので、このお仕事をやろうか迷っている方はぜひ一度ご覧ください。

風俗キャストインタビュー

※↑関東版のインタビューですが、他の地方でも連載中!

高収入のお仕事探しをしてみたくなったら、当サイトをご活用くださいね!入店祝い金プレゼント企画もあります。

お仕事探しは30バイトで!

【入店祝い金】について解説!初めての風俗バイトや移籍は賢く稼ぐ!~東京対象店紹介あり~

The following two tabs change content below.
水蜜

水蜜

東京在住/2013年よりWebライターとして活動するミレニアル世代。猫好き。気になる風俗街は吉原、行ってみたい観光地は道後温泉、いま興味があるのはリモート風俗のこれから。