【体験入店】風俗未経験・30代のわたしでも働けるのか 

風俗の体験入店ってなんなの?なにするの?

こんにちは。
風俗のバイトをしながら空いた時間でライターをしているセレブdeたぬきです!

この記事では

「風俗の仕事に興味はあるけど、どんなことをするのかわからない」
「風俗の体験入店をしてみたいが不安なことがいっぱいある」
「容姿・体型・年齢に自信がないけど、やれるの?」

といった方に向けて女性の風俗バイトの「仕事内容」、「体験入店」について具体的に説明していきます。

昔のわたしは、派遣社員の仕事をしながら居酒屋のバイトをしてなんとか暮らしていました。
もちろん彼氏を作る暇もないし、ろくに友達と飲みに行くことはできなかったです(たまに飲みに行っても決まってワタミ(泣))。
何より友達が普通に会社員してて安定した給料があって、余裕ある生活をしながら彼氏と仲良くしている姿を見ているのが一番キツかったですね。

そんなある日、求人を探していた時にたまたま「風俗バイト」を見つけて、
試しに「体験入店」をしてみたら「自分でもやれる!」と思い、勢いそのまま派遣社員と居酒屋のバイトを辞めました。

派遣社員の仕事と居酒屋のバイトで月に25日働いて約24万円の給料でした。
<内訳>
派遣社員…時給:1,200円×8時間×20日
居酒屋バイト…時給:1,300円×8時間×5日

私が28歳の時の1か月の給料でした。
これに生活費や税金などが引かれて、1人暮らしのわたしの手元に残るお金はほんのわずか…
洋服なんて何年も同じものを着てました(笑)

それが風俗のバイト一本にした結果、
月に15日働いただけで平均54万円にまでなりました。
<内訳>
時給:5,000円×6時間×15日+指名やオプションバックなどのインセンティブ

もちろん歩合の部分があるので変動はありますが、それでも少なくて45万円ほどです。
30歳時の1か月の給料です。単純に1か月の半分は休みとなるわけです。さらに言えば労働時間は6時間がマストなので半日も自由に使える時間があるということです。

いきなり時間とお金を手にするわけですから、驚きですよね。

おかげで欲しい服も気兼ねなく買うことができたし、財布を気にすることなく友達と飲みに行けるようになりました(しかも場所はイタリアン(笑))。
そして空いた時間で出会いの場を増やして彼氏をゲットすることができました(風俗で身につけたテクニックも活きました)。

都合の良いように書いてるだけでしょ…
風俗だからって世の中そんなに甘くない
嫌なことも何でもやって、めちゃくちゃハードな仕事なんでしょ

そう思いませんでした?
ちょっと前までのわたしもそっち側にいました。

ですがそれを事前に調べて、1,2回の体験入店をしたことによってイメージとは全く違うということがわかりました。

簡単に言えば
「風俗業界は需要はあるけど女の子のキャストが人材不足という現状、お客様が支払う料金が高額ということが相まって高収入が実現する」ということなんです。

もちろん嫌なサービスを無理強いさせることもありませんし、ダメだと思ったお客様はNGにすることができますので
「自分ができる範囲の接客サービスをするだけで短時間で高収入を得ることができる」仕事と言えます。

「なるべく楽に短時間で高収入を得たい」
「欲しい洋服やものを買いたい時に買いたい」
「裕福な暮らしがしたい」

と、誰もが心の中で思ってる理想を叶えられるのです!

では具体的にどんな仕事をするのか解説していきます!

体験入店の流れ/仕事内容

A子「たぬきさん!わたしも風俗で稼いで可愛い服を買ったり時間に余裕ある生活をしたいです!なので体験入店しようか悩んでて…でも風俗の仕事って求人を見ただけじゃ『実際に何をするのか』『怪しい業界なのか』わからないので不安なんです…」

たぬき「うんうん。それすっごいわかる!わたしも風俗のバイトをする前は『体や心がボロボロになる』とか『怖い組織が裏にいる』とかネガティブな印象があったよ。」

A子「やっぱり高収入バイトをするにはそれなりの覚悟がいるってことですか?」

たぬき「いーえ!昔はイメージ通りの業界だったらしいけど、今はちゃんとした安全な業界なんだよ。
なぜそう言えるのかは後々説明するとして、まずは体験入店するまでの流れを説明するね!」

①『30からの風俗アルバイト』でお店を探す
②応募する
③面接(話を聞いて良さそうだったら)
④体験入店

案外シンプルだよね。
というか普通のバイトと変わらないね(笑)」

A子「なんか面接したらそのまま体験入店しないといけない雰囲気がありません?」

たぬき「全くそんなことはないよ!面接といってもただ「お店のコンセプト』や『給料』の説明をされるくらいで、もし『やっぱりやめとこう』と思ったら断ってちゃってOK!
なんなら応募するときに『面接だけお願いしたいですと言えば心配いらずだよ」

A子「でもなんかしつこく誘ってきそうで面倒くさそうです…」

たぬき「お店側も女の子をなるべく確保したいこともあってどうしても言ってくることはあるよ。でもそれは相手も仕事なんで『街のキャッチ程度』にでも思って流しちゃって」

A子「じゃ話を聞くだけで、そのまま働かなくてもいいんですね!」

たぬき「そうそう!そのお店の雰囲気や内情を知る機会の場だと思って。でもやっぱり実際に働かないとわからないことの方が多いから、もし『やってもいいかな』って思えたらそのままお試しで体験入店しちゃった方が時間もお金が得だよん。」

A子「そうなんですね~。あっ、もしかして『体験』だからその日の働いた分はもらえないってことですか!?」

たぬき「大丈夫!体験入店と言えど、その日働いた分はきちんともらえるよ!例えば「1日」働かなくても、「1人」だけ接客するっていうのもアリだからまずはそれを試してからどうするか決めてもいいよね。」

A子「1人だけ試すのもアリなんですね。よくわかんないんですけど、求人には『時給:5,000円』とか『時給保障』とか書いてあるじゃないですか。本当はそんなにもらえないんじゃないですか?」

たぬき「そんなことないよ!もし求人に書いてある金額より少ない給料だったらそれは「違法」だから!
基本的には求人通りの待遇があるって思ってくれていいよ。求人だけの情報だと都合の良いような印象があるけど、それはちゃんとその店が実行している証明とも言えるの。だから「求人通り」の給料が支払われて、お店の待遇を受けられるんだよ。」

A子「へぇ~。なんとなくわかってきました。ところで体験入店って実際にはどんなことをするんですか?」

たぬき「そうね。まずは風俗の形態から説明するね!
風俗には2種類の店舗タイプがあって『お店型(店舗型)と『デリヘル型(派遣型)というのがあるんだ。

お店型(店舗型)というのはお客様が直接来店してお店の個室でサービスを楽しんでもらうもの。
デリヘル型(派遣型)』はお客様の元にキャストが派遣してサービスをするもの。お店によっては一度お店で受付をしてから指定のホテルで楽しんでもらうものもある。」

A子「ふ~ん。それってお店のタイプによってプレイ内容が変わるんですか?」

たぬき「基本的には一緒よ。これはお客様がお店で遊びたいのか、自分いる場所で遊びたいのかってだけの話でお客様が負担する金額の違いって感じかな。
お店のコンセプトによっては「お店型(店舗型)」でしかできないプレイがあったりもするから、それはお店選びの時の参考にしてね。」

A子「わかりました。」

たぬき「そして具体的に何をするかなんだけど、わたしがやってきた「デリヘル型(派遣型)のスタンダードプレイ」の内容で説明するね。

待機所からお客様の場所まで車で送ってもらう
お客様のいる部屋に行く
一緒にシャワーを浴びて、体を清める
サービス開始(全身リップ、キス、手コキ、フェラチオ、素股)
プレイ時間が終わったら、シャワーで体を洗う
料金をいただく
部屋を出て迎えの車で待機所に戻る

が一連の流れかな。
店によっては先に料金のやり取りを店のスタッフがするところもあったりするけど、大体の『デリヘル型』は大体こんな感じ。

「お店型(店舗型)」であれば
お客様がいる部屋に行く
シャワーで体を清める
サービス開始(内容はデリヘルと同じ)
プレイ時間が終わったらシャワーで体を洗う
お客様をお見送り

っていう感じ。お金のやり取りはサービス前に済ますからキャストはやらなくてOK。」

A子「あーでも、案外イメージしてた通りですね。
ただやっぱり気になるのは④のサービス内容ですね…。嫌な人だったらキツいし、変な性癖だったら合わせるのが大変だろうし…」

たぬき「確かにそういう心配する部分はあるよね。でも『接客の仕事』ってどこも似たようなもんじゃないかな。
どんなお客様にも対応して嫌なことでも我慢して。って。ただ仕事内容が普通の接客より特殊ってだけなんだよね。」

A子「ファミレスとかアパレルとかでも嫌なお客様は来たりしますもんね。
でも中には過剰なサービスを要求してくる人どうしてもできないサービスがあったりすると思うんだけど、それでもやらないといけない?」

たぬき「そこは安心して!店はあくまであなたの味方!もしお客様が暴走しても店にすぐ連絡をくれれば男性スタッフが助けに行くし、嫌なプレイがあれば事前にNG設定もできるから!
自分にできる範囲で安心して接客できる』のは大前提よ。」

A子「そこまで言われたら、なんかわたしにもできる気がしてきました!」

さっそくお店を探してみる

いろんな店で体験入店をして自分に合った店を見つけよう

A子「求人を見てるんですけど、たくさんあるしどこも似たような感じなんでどこにすればいいのかわかんです!」

たぬき「そういう時は『体験入店でもちゃんと給料がもらえる』、『なるべくスタンダードなプレイのお店』、『バック率が高い』、『NG設定ができる』、『面接交通費が出る』を基準に探すといいよ!

もし身バレ(知人にバレること)の心配があるなら『アリバイ対策あり』があるところも忘れずに。
あとは『とりあえず体験入店してみる』ことだね。面接した日にそのまま体験入店できる店舗が多いからいろんなお店を試すのが一番!」
※アリバイ対策…実在する一般企業の社員として働いていることにできる。その企業として各種書類も発行可能。

A子「実際に行かないと自分に合ってるかわからないってことですね。
こう見ているといろんなタイプのお店があるんですね~。『コスプレ』とか『SM』とか『ぽっちゃり専門』とか…
なんか自分に何が合ってるのかますますわからなくなってきました。」

たぬき「そうね~。いきなり『自分に合ってる店を見つける』のはかなり困難だと思う、
というか数が多い店の中から見つけるのはほぼ無理だと思う…。」

A子「え!?じゃどうやってお店を見つければいいんですか!?」

たぬき「『自分に合ってる』ではなくて『自分ができる』ことで探して体験入店していくと『自分に合ってる』ものがわかってくるよ。スタンダードなとこでやってみたら案外凝ったこともできるかもしれないしね!
特殊になっていけばなっていくほど稼ぐ金額も変わってくるし。」

A子「じゃまずは『スタンダード』な店でやってみるってことですね!」

たぬき「そうよ。だから何回も体験入店することは悪いことじゃないの。お給料もちゃんと出るから納得いくまで試すといいわ。自分に合った店じゃないと入店しても結局続かないから、お店を見極める重要な工程なの。」

A子「そうなんですね~。あと気になったのが、どこの求人にも『講習って言葉が書いてあるのはなんなんですか?」

たぬき「講習っていうのはお店に初めて入る時に、男性スタッフが事前にキャストの接客プレイをレクチャーするってものよ。
中には『口頭だけの説明』や『DVDでの講習』というのが増えてきてるけど、それは店によりけりって感じね」

A子「ってことは体験入店するときは毎回受けなきゃいけないってことですか!?」

たぬき「そこは『どっちでもいい』わよ。ただ、初めて風俗で働く子未経験のプレイがあったりした場合は受けた方がいいかもね。
そこのお店のコンセプトを理解せずに働くとお客様の不満に繋がってくるから、わからなければ受けた方が無難だわね。
もし必要なければ求人に『講習なし』って記載してるお店もあるからそういう店を選びなさい」

A子「はーい。条件を絞って、『自分にできる』範囲のサービス店を体験入店していけば、『自分に合った』店を見つけられるってことですね。
あれ、でも『自分に合った』お店でも、そこが信頼できるお店かどうかはわかんなくないですか?」

たぬき「いいところに気がついたわね。
信頼できるお店、いわゆる『優良店』を見極める方法を次のステップで解説していくよ!」

優良店を見分ける秘訣

A子「体験入店した時に良いお店かどうか見極めていく…なんか難しそうですね…」

たぬき「全然そんなことないよ!簡単にまとめると、

集客がいいかどうか
スタッフの質がいいか
客層を知る

これだけ!
『とりあえず体験入店』に行くのはいいけど、なんとなく仕事をするのはもったいないからね。
そのお店のもっと内側を見ないと本当に良い店がどうかわからないからさ。」

A子「どうせ働くならちゃんとした店がいいです!」

たぬき「そうよ!こっちは『時間』と『体力』と『サービス精神』を提供しているわけだから、それに見合った『待遇』を受ける権利があるんです!
キャストの子たちはこの辺りのことをあまり考えずに入店しちゃって『求人通りの給料をもらえなかった』とか『NG設定をしたのにOKということになってた』とか『指名が少ないとスタッフから冷たくされた』とかって事例が少なくないんだよね。」

A子「うわぁ、絶対そんなとこで働きたくないです~(泣)
3つの項目をちゃんと調べるにはどうすればいいんですか?」

たぬき「一番手っ取り早いのが、『元々働いているキャストの子に聞いてみるってことかな。待機中のキャストに何気なく聞くのがいい。スタッフさんに聞くととどうしても良いように言ってくるからさ」

A子「なるほど~。実際に働いている子の方がリアルな意見が聞けますもんね!
『スタッフの質』も電話に出ているときのやり取りを聞いとけば粗方わかりますよね!」

たぬき「そうだね!実はこの『スタッフの質が重要で、集客力にも繋がってくるんだ
お客様が最初に接客を受けるのはスタッフなわけで、この時のスタッフの対応が不誠実であるとお客様が来なくなりやすくなって、最終的に『キャスト』の給料に影響してくるって話よ。」

A子「こういうスタッフだとキャストへのフォローがなさそうだし、他の面でわたしたちが苦労しそうですよね。」

たぬき「その店を作ってるのはスタッフと言っても過言ではないからね。
こういうことも体験入店に行って初めてわかることだから、『自分に合った』店を見つけたからと言って油断は禁物だよ!」

A子「了解です!これだけわかればもう怖いものはないですよね!
じゃ。さっそく面接して体験入店してきます!」

たぬき「ちょっと待った!

A子「なんですか!?」

面接に行く前に

たぬき「面接には何を着て行くつもりなの!?」

A子「何って…バイトなんで普通に、Tシャツにジーパンですけど…」

たぬき「もしかしたら落ちるかもよ」

A子「ええ!?なんでですか!?」

たぬき「バイトの面接と言えど『接客』の仕事だから、服装とかの身だしなみが整ってないと落とされる可能性が高くなるのよ」

A子「やっぱりそういうところを面接で見てるってことですか?」

たぬき「風俗業界って割と受かりやすいものなんだけど、こういう理由で落とされてしまうことが多くなってきてるんだ」

A子「他にはどんな理由があるんですか?」

たぬき「例えば、『ジャージ姿で来るとか『スッピンで来るとか『敬語が使えないとかそういう不誠実な態度の理由が多いよ」

A子「そうなんですね~。人手不足と言ってもちゃんと基準に満たしてないといけないんですね。
そしたらチョイお洒落していこうっと!」

たぬき「ここまで事前の準備と体験入店する心構えができてればより楽で短時間で高収入の働き方ができるよ!」

風俗バイトで華やかな日常にしませんか?

どうもライターのたぬきです

ここまでダラダラ長く風俗バイトの始め方について説明してきましたが、わたしが言いたかったことをまとめると

風俗バイトについて

○風俗バイトなら『短時間で『高収入が実現できて、『時間と『お金余裕が生まれる
○容姿、体型、年齢に自信がなくてもできる
○未経験でも充分稼げる
○筆者は前職のとき月給:25万円程だったが風俗バイトをしたとき月給:54万円になった
○風俗業界は人手不足
○風俗業界は『ちゃんとした』安全な業界になった
○風俗には『お店型』と『デリバリー型』がある
○お店側としては女の子に長くいてもらいたいから、待遇を良くして給料を高くしている
○この先風俗バイトで働くキャストが増えると、時給が安くなっていく可能性がある
○風俗の接客業も一般の接客業も同じくらいの大変さ
○バイトと言えど身だしなみや態度は気を付けよう

応募するお店を探すとき

○時給:5,000円、日給:35,000円、月給:800,000円 以上が可能な世界
○『自分に合う』ではなく『自分にできる』ことを基準に店を探すといい
○お店を探すときは『体験入店でも給料が出るのか、『スタンダードプレイのお店各種バック率が高い、『NG設定ができる、『面接交通費が出るをポイントに
○事前講習が嫌なら『講習なし』の店を探す(中には『口頭説明』や『DVD講習』が増えてきてる)
○お店のコンセプトによって給料の変化がある
○面接に行ったからと言って、体験入店をしなくてもいい
○体験入店をしたからって入店しなくてもいい
体験入店でしかわからないことがたくさんある

体験入店するとき

○とりあえず『体験入店』に行ってみること
○いくつか体験入店してみて『自分に合った』店を見つけよう
○体験入店は何回受けてもOK
体験入店でもちゃんと給料は出る※インセンティブ含
○体験入店は「1日」じゃなくても『1人』だけでもいい
○もしお客さんが過剰なサービスを要求してきてもスタッフが守ってくれる
○嫌なオプション内容があればNG設定にできる
○身バレの心配があっても、アリバイ対策万全の店がある

優良店を見極める方法

○優良店を見つけるポイントは『集客力があるのか、『スタッフの質がいいか、『客層を知る
○その店で働いている子に直接聞くのが良い
○『スタッフの質一番重要るようになったし、今や一般社員の友達よりも稼いでいます。
○スタッフが店を作っていると言っても過言ではない
○客層は店のレベルで変わってくる(安い店舗だとマナーがない客が来やすい、平均レベルであればマナーがある客が多い)

って感じです。
わたしが風俗バイトをしたときに感じたことは『若いうちにやれて良かったなってことです。
アラサーって世間一般だと『若い』に入らないかもしれないけど、風俗業界はまだまだ『若いんです。つまり需要があるということなんです。

もし風俗バイトをしていなかったらずっと派遣社員と居酒屋のバイトで生計を立て
遊ぶ時間もお金がなく、買い物も満足にできず、彼氏も作れず、どんどん先に進んでいく友達を見ているだけの人生だったと思います。

しかし、現に今は『時間も『お金にも余裕が生まれ、買い物もめちゃくちゃ高いものでなければ迷うことなく買えなにより彼氏も作ることができて毎日が充実しているのを実感してます。

20代だからといってまだ時間があると思っていたら、本当にあっという間ですよ(笑)

同年代の女性が羨むような短時間で高収入を得る生活を手に入れるチャンスが大きいのがこの風俗バイトの特徴なんです!

この記事をここまで読んでくれたのも何かの縁です!
『今応募しないとまたどんどん時間が過ぎていってしまいます。

あなたもわたしのように今の生活に不満を感じているのなら

これをキッカケに生活を変えてみませんか?

30代からはじめる風俗バイトはここから

The following two tabs change content below.
セレブdeたぬき

セレブdeたぬき

風俗のバイトをしながらライターをしているアラサー女です 派遣会社と居酒屋で働いてギリギリの生活をしていましたが、風俗のバイトをはじめてから「時間」と「お金」に余裕が生まれ充実した日々を送っています。 多くの方に風俗の仕事の魅力を知ってもらい、生活を華やかにしてもらいたいと思ってます♪