貯金が底をつく前に!! 生活保護を受ける!?それとも風俗業界で働いてみる!?

貯金が底をつく前に!! 生活保護を受ける!?それとも風俗業界で働いてみる!?

風俗業界は、生活保護を受けようか悩んでいる無収入の「隠れシングルマザー」や貧困に悩む女性、ママさんのための選択肢の1つです。他のアルバイトやパートに比べて高収入で、託児所紹介などの待遇もあり、女性のセーフティネットの役割を担っている一面があります。

女性のためのセーフティネット

近頃、夫が失踪・行方不明によって離婚さえも出来ず、必要書類が揃わないことで公的手当や助成金を受け取れず、小さな子どもを保育園へ入園させることもできずに、無収入生活を強いられている“隠れシングルマザー”が増えているとか。

あるいは離婚が成立しているシングルマザーでも収入が少なかったり、子育て生活に悩みを抱えるママさんの貯金が尽きそうな時に、生活保護を受けるべきかどうかを考える機会が訪れるそうです!

もちろん大事な子どもを守るために、生活保護を受けるべきという考え方があります。その一方で、子どもを預けられる託児所完備のお店や、託児所を紹介してくれるお店が豊富な風俗業界で働くという手段もあります!

風俗店のお給料は基本的に歩合制ですが、きちんと稼げれば普通のパートやアルバイトより高収入で、時間(シフト)の都合もつけやすいのが特徴です。働きながら子育てをしたいママさんにとって、ありがたい仕事先とも言えるでしょう。まさに「女性のためのセーフティネット」であると、採用率ほぼ100%で女性募集しているお店もあります。

ここでは子どもの生活や人生を大切にしながら、生活のために高収入を得たい子育てママにとっての、一つの選択肢をご紹介します!
※記事の最後に相談先や求人情報のリンクあり。

生活保護を受けるためには?

生活保護とは、『日本国憲法』第25条により、国が国民に対して「健康で文化的な最低限度の生活を保障する」制度のことで、最低生活費に足りない額だけ、生活保護費が支給されます!

しかし、生活保護を受けるためにはいくつかの条件が!!

その一例として『援助してくれる身内や親類がいない』ことや、『資産を保持していない』など。生活保護申請をすると、まずは親や兄弟、3親等以内の親類に対して、申請者への援助が可能かどうかの確認書類『扶養照会』が送付されます。

さらに、申請者の資産(土地や保険預貯金、車やパソコンなどの換金可能な物品)の有無が調査され、売却等の処理が行われた上で、生活保護が必要と認められたら、受給することができます!

もし生活保護を受給できた場合、一家族【例:夫婦2人(35歳、30歳)/子供2人(小学生、4歳)】で、生活扶助や教育扶助、住宅扶助、児童養育加算などを含めて、毎月約30万円近く受け取ることができるとか!母子家庭であれば、さらに加算金があるので、安心して子どもを育てられる収入を得られます!

生活保護を受けることのデメリット!

生活保護を受けられるメリットは…
★毎月生活費を受け取れる
★様々な給付金を受けられる
★公共料金や医療費が無料になる
★所得税や住民税も非課税となる
★社会保険料も法定免除される
このため、これまでの困窮した生活から一気に解放されます!

その一方で、生活保護が決まる前や、決まった後も定期的に、親や兄弟、3親等以内の親類へ『扶養照会』が届いてしまうので、生活保護を申請・受給するという事実を隠しておくことが出来ません

また、原則的に愛車や大事な思い出の金品を、売却するように指導されます。その他、毎月の入出金申告だけでなく、使途について指導が入ることも!それだけではなく、身内や担当者からの心無い一言に傷ついてしまうこともあるかも知れません…。生活保護で暮らすためには、愛する子どもの生活や人生を守るために、強いメンタルで挑む覚悟が必要です!
それでも、闇金業者や悪質な金融業者から借金し、執拗な取り立てに子どもや家族を巻き込むよりはマシかも!?

子育てママに優しい風俗業界!

生活保護に頼らず、なんとか自分で働いてやっていこうとしている女性もたくさんいると思います。その場合一人暮らしならなんとかなるかもしれませんが、お子様がいたり、体調などの面で正社員を狙うのは難しかったり、パートやアルバイトも選択肢が限られることもあります。

そうした一般業界のお仕事に比べると、風俗業界のお仕事はシフト面で柔軟な働き方ができます!基本的に完全自由出勤制のところが多いので、出勤日数や時間を自由に決めることが可能!さらに、子育てママが多い人妻店や熟女店では、お店自体が対応に慣れていることもあり、子どもが急に発熱しても、スタッフとの相談の上で問題無くお休みをもらうことができます

また、託児所を完備していたり、近隣の託児所を紹介してくれたり、育児経験のある女性スタッフが親身に相談に乗ってくれるなど、女性が働く現場ならではのサポート体制が整っている店舗もあります。お給料が日払い制というのも、「明日生きていくためのお金が必要」という女性にとって、ありがたいですよね。

直営・提携託児所ありの風俗店が多数!

近年、子育てママやシングルマザーが働きやすい環境を整えている風俗店は多く、そのような店舗では子育てを理解し応援してくれます!一般の認可保育園へ入れるのならばそれがベストなのですが、諸条件のハードルが高く、入園できるまで待機している時間がないという方にオススメなのが、託児所完備あるいは近隣託児所(提携託児所)を紹介してくれる風俗店です!

この場合「風俗店からの紹介」という形ではなくアリバイ会社を使うなどして普通の紹介となるので、託児所のスタッフさんや一般利用のママさんたちに「この子のママは風俗キャスト」とバレる心配はありません。アリバイ対策・知人バレ対策にも気を使ってもらえるので、相談してみましょう。

とは言え、風俗店が関係する託児所は、何となく心配……と思う方が多いと思います!しかし託児所には有資格者がおり、公的な許可が無いと開設できません。つまり、安心して子どもを預けられるということです!直営・提携ともに託児所は、許可を得て運営されているハズ!面接の際に託児所について詳しく聞くようにしましょう!

できれば実際に託児所を見学して、施設内の様子スタッフの対応を見てから、お店に入店するかどうかを決めることをオススメします!最近は風俗業界に関係なく託児所内での事故が増加傾向にあるので、子どもが小さければ小さいほど、託児所は慎重に選ぶようにしましょう!

一人で悩まず、公的機関や支援団体へ相談してみよう!

生活に困った時の支援制度

生活保護を受けるにしても、風俗業界へ挑戦するにしても、本当に貯金が底を突きて、明日生活できるかどうかわからないという状況になる前に、一人で悩むのではなく、支援制度の窓口へ相談してみましょう!

公的機関としては『生活困窮者自立支援制度』というものがある他、無料あるいは低額で住居を提供してくれる『母子生活支援施設』や、医療費が払えない場合の『無料低額診療事業』という制度、食事支援をしてくれる『フードバンク』という支援団体があったりもするので、まずはこちらで大事な子どもと自分自身の明日の生活を確保しながら、気になる託児所あり風俗店の面接や体験入店などにチャレンジしてみても良いかも!?

以下リンク

生活困窮者自立支援制度(厚生労働省) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000073432.html

母子生活支援施設(社会福祉法人)  http://zenbokyou.jp/boshi/

無料低額診療事業(全日本民医連)  https://www.min-iren.gr.jp/

フードバンク(認定NPO法人)  http://www.2hj.org/

効率の良いお仕事探し

お仕事を探す際は、30歳以上の女性や未経験でも大歓迎の求人情報を掲載している、当サイト『30からの風俗アルバイト』をご活用ください。お住いの地域や業種(ジャンル)から探せる他に、条件なども絞り込んで検索できます。ぜひ自分でもできそうなお店を見つけて、お話を聞いてみてくださいね!お仕事探しはこちらから↓

高収入のお仕事情報★掲載中!

The following two tabs change content below.
Yoidore-mama

Yoidore-mama

三度の飯より酒が好き!……でも、やっぱり飯も好きな育児中のライター。卒乳と同時に、やっとお酒が解禁されたので、毎晩呑んだくれてはいるものの、めっきりお酒に弱くなった今日この頃(^^;)