インタビューコンテンツ
インタビュー記事
  • 神田

    エステ・マッサージ

    業界未経験で入店した「なな」さんは親孝行のために掛け持ちで稼いで月収45万円!お店や客層の良さなど良いところをたくさんお話くださいました♪

  • 神田で人気の非風俗エステ!店長さんによるお店紹介

    (店長)まずは少し当店のご紹介をさせていただきます。業界では「非風俗」って言われながら結構過激な、いわゆる性的サービスを求めるお店がやっぱり多々あるんです。非風俗エステがしたかった子はそこでやっぱり辞めちゃって、いろいろあって、うちで止まってる子は結構いるんですよ。

    確かにこのメンズエステと言われるぎりぎりのラインは、やっぱりそういうサービスを求めるお客様もいるのですが、それを上手にかわす、返す。これもひとつの、メンズエステの面白さなんで。そういったことを一緒に勉強しながら、お客様に喜んでいただく。

    とにかく、うちは常連さんがめちゃめちゃ多いお店なんですよ。多分他の店に負けないぐらい。で、入客もかなりあるんで。業界未経験で入ったとしても、全然すぐお客様がつくようになります。

    講習は女性キャストが教えます!稼げる・稼げないは理由アリ

    (店長)『Men’s Season(シーズン)』ではほとんど講習っていう講習がなくて、30分ぐらいでスタートさせます。なぜかというと、「まず技術はゆっくり学んでいきましょう。自分のスタイルで」ていうのが、うちのコンセプトなんです。

    うちのお店もそうなんですけど、やっぱり人気のない女の子って、経験者も多いんですよ。業界もう2~3年やってます、でも向上心もなく、ただ淡々と流れ作業。だったら、もうまっさらの女の子で、恋人にするマッサージ、こっちのほうが味があり。っていうのはあるので。

    あまりそこに施術の技術っていうのは最初求めることはない。ただ、やりながらどうしても自分がスキル上げたいなら、得意な女の子に講習してもらいながらスキルを自分でアップしていきましょう、というお店っていう感じです。

    ―じゃあ、共に成長もできて良いですね。講習って、ビデオとかマニュアルを見るんですか?

    (店長)実際はその得意な女の子にやってもらいます。で、徐々にオプションとかの勉強も始まってくんです。ブラジリアンワックスとか、耳掻きとかもやってきます。みんなで勉強していきましょうっていう感じですね。

    ―女性的にも『Men’s Season(シーズン)』で働いたら結構スキルアップできるみたいな感じですね!

    在籍キャストの「なな」さんにインタビュー!

    ―まず、お店で使っているお名前とご年齢を教えてください。

    なな、年齢は38歳です。『Men’s Season(シーズン)』に入店してちょうど1年になりました。こんなに続くとは思わなかったです(笑) 全く経験がなかったので。メンズエステっていうのがどういうものかっていうのも全然分かってなくて来たので。

    ―ななさんは、こうした高収入のお仕事はメンズエステを含めて完全に初めてだったんですか?

    はい。

    ―今は結構慣れて、まだまだこれからも続けていく感じですか?

    店長がいい方なんで(笑)

    (店長)性格悪いよ(笑)

    悪くないです。何を言ってるんですか(笑)

    ―今って勤務時間は何時から何時で働かれてますか?

    大体13時~19時の6時間です。週3~4日くらい。

    ―今、ご結婚とかってされてますか?何か別のお仕事をされてるとか。

    結婚はしてないです、一人暮らしです。おじが会社を経営してて、そっちの事務職をお昼間にやっています。空いてる時間にこっちに来てる感じです。

    ―お休みとかってありますか?

    休みは、そのおじさんのほうの仕事が、自宅でも普通にできるので。だから調整してしまえばお休みですね。自分で決められます。

    『Men’s Season(シーズン)』に応募したときの事

    ―一番初めにお店に連絡した方法は覚えてますか?

    求人媒体をインターネットで見ました。最初にホームページがきれいなお店を探してて、ここのお店ともう1個あって、もう1個のほうに最初に行ったんですけど、なんか内容が面接に行ったら全然違って。

    ―業種はメンズエステですか?

    はい、メンズエステです。書いてあることはみんな一緒だったんですけど、行ったら、なんか全然違くって。で、次行って駄目だったらメンズエステはやめようと思って、2件目がこの店長のお店だったんです。

    ―『Men’s Season(シーズン)』はもう全然求人内容と面接でも偽りなく?

    はい。怖かったですけど(笑) なんか、怖い人の事務所に来ちゃったかと思ったんですよ、店長の風貌が。最初すごい怖かった。とんでもないとこ来ちゃったと思った(笑)

    ―風貌が(笑) 面接の時に何か必要なものとかってありました?

    特にないですね、身分証ぐらいだったと思います。

    ―大体何分ぐらい面接されました?

    多分30分くらいです。プロフィール写真も撮って、1問1答みたいなのをすぐ聞かれました。なんか、誰に似てるだのなんだのってその日に聞かれて。プロフィールの質問一覧みたいなやつですね。

    ―でも30分ぐらいで済んだんですね。その時間で、もう働こうって思いました?体験入店というか。

    その日はちょっと、その後時間がなくて、体験入店はしませんでした。何日か経ってから来た感じでした。

    お店選びのポイントは、独自のコース内容にありました!

    ―ここは神田エリアですけれども、エリアとか結構選んで応募しました?

    はい、山手線の中がよかったので。通勤1時間以内の、山手線沿線で探して、神田エリアを選びました。

    ―『Men’s Season(シーズン)』を選んだ理由というのは、やっぱりホームページがきれいだからですか?

    ホームページがすごいきれいだったのと、30分でセラピストが交換するっていうシステムが書いてあったので。経験がなかったので、30分ぐらいで変わるんだったら気持ちも楽かなってちょっと思って。

    ―そうですよね。1時間みっちりだったら、ちょっと心折れちゃいますよね。

    はい。経験があれば、それぐらいできるかなと思うんですけど。未経験なのに最初から60分とかだと時間が余っちゃいそうで、どこマッサージしていいか分かんなくなっちゃいそうだったので。だから30分とかだといいかなっていうので。

    メンズエステのお仕事を始めたきっかけ

    ―このメンズエステを始めようと思った、きっかけってありますか?

    うち、母親が今ちょっと在宅で療養していて。私は今までずっとコールセンターのお仕事1本でやってたんですけど、なかなか勤務時間帯の自由が利かなくて。で、さっき言ったおじさんの会社も母が事務やってたんですけど、できなくなっちゃったので私が事務やり始めたんです。でもちょっと、いろいろお金がかかるので…。メンズエステを調べたときは、少ない勤務日数でもある程度稼げるお仕事を探してて、応募した感じです。

    ―高収入のお仕事は、他も結構いろいろあるじゃないですか。メンズエステを選んだ理由っていうのはあるんですか?

    さすがに風俗店ていうのはすごく抵抗があったのと、もともと自分がマッサージがすごい好きなので。母に結構マッサージすることがあるので、ここはいろいろスキルを上げてくれるって言ってたので。

    ―いろんなマッサージができますもんね、ワックスとか。先ほども耳かきとかも、いろいろと取り入れてくみたいに言ってましたしね。

    うん。なので、母のほうに役立てられるなって思って。

    ―親孝行みたいな感じですね。コールセンターを辞められてから『Men’s Season(シーズン)』に入った形ですよね?

    そうですね。でも一応母とかの手前、コールセンターにまだいるってことになってます。なので、勤務時間も一応コールセンターにいるていで組んでもらってるんです。(※13時~19時)

    身バレ防止のために工夫していること

    ―周囲にバレないようにするための秘訣は、コールセンターで働いていることにする以外に何かありますか?

    やっぱりコールセンターのときよりは、ちょっとお給料も多くいただいたりするので、普段と変わらないようにするのが一番いいなと思っています。母の介護でちょっとお金かかるんですけど、それ以外はあまり変わらないように。

    ―目立たないように。

    そうですね。これは最初に他の女の子から聞いたんですけど、やっぱり持ち物とかが変わり始めると周りからの目もちょっと…とか聞いたりしてたので、なるほどと思って。あまり普段と変わらないようにしてます。

    『Men’s Season(シーズン)』に入店して良かったこと

    ―このお店に入店してよかったって思うことありますか?

    やっぱ店長と従業員の方とか女の子とか含めて、すごく皆さん気さくでいい方なので。

    ―僕も初対面でしたけど、結構気さくで。最初ちょっと怖かったですけど(笑)

    やっぱそうですよね(笑) 私の勝手なイメージだと、コールセンターもそうだったんですけど、女性が多い職場って、結構ギスギスしたりとか派閥があったりとか…。なので、メンズエステはよく知らないけど何となくイメージで、キャバクラみたいな。キャバクラも働いたことないので勝手なイメージなんですけど、なんか、女の子同士のそういうのあったりとか。そんなイメージしてたんですけど、でも、すごい皆さん気さくな方で、すごくいい方なので。

    ―結構話とかもされるんですか?

    以前は6階が事務所で7階が店舗だったので、結構みんなで6階の事務所でワイワイしてました。移転してから個室待機になったので。

    ―個室待機になってから、話す機会が減ったりしましたか?

    私は結構人見知りなほうなんですけど(笑)、他の仲良くしてくれてる女の子とかが部屋に来てくれて。それで一緒にしゃべってくれたりとか、一緒になんか食べたりとかしてます。

    ―それなら待ってる時間も寂しくないですね。

    はい。もう、皆さんすごい気さくな方で楽しいです。

    講習は簡単で、徐々に学んでいくスタイル

    ―『Men’s Season(シーズン)』では簡単な講習があるそうですけど、どんな感じでしたか?

    最初に15分ぐらい、お店のこの流れを教わりました。25分でチャイムが鳴りますとか、こういうふうに案内してくださいってしか教わってなくて、もういきなりぽんって感じだったので、特に実技講習はなくて。あとはさっき店長がおっしゃってたんですけど、上手な女性キャストさんに教わったりとか。休憩してるときに、お互いどんな感じでマッサージをしてるのかっていうのを情報交換してます。基本25分なので、25分の配分をどういう感じにしてるとか。

    ―個人ごとによって違いますからね。

    「こうするといいよ」とか聞いたり。そういう感じで、特にキッチリした講習とかっていうのはなかったですね。

    『Men’s Season(シーズン)』の雰囲気や環境

    ―このお店の雰囲気とか環境はどうですか?

    私はすごく良いと思ってて、多分、このお店じゃなかったらこんな続かなかったんではないかなと思ってます。

    ―みなさん気さくな感じですし。悩みとかも相談できる環境なんですか?

    はい。まあ、私が勝手に言ってるだけかもしれないんですけど。聞いていただいてます。

    ―結構働きやすい環境なんですね。ここのスタッフさんって、店長さん含めてどういう人ですか?結構優しいですか?

    すごい優しいです。店長は、口は悪いけど優しい感じで、意外とすごいマメ。

    すごい気が利くというか、女の子にデリバリーでフルーツジュースとって配ってくれたりとか。そういうちょっとした差し入れをしてくれて、すごいです。

    ―スタッフさんはどうですか?

    すごく真面目というか、すごい丁寧で優しいです。ストレスとかたまらないのかなって、逆に心配になっちゃうぐらい。お客様からも「すごくいい人だよね」って、皆さん結構おっしゃってます。悪口とかも全然言わないですし。店長も結構お客様にすごい人気があって。実は、裏の1番人気なんじゃないかなと思ってる子が結構います(笑) 常連の方とかからは、店長やスタッフの方もすごい評判が良くて。ほんとに恵まれてると思います。

    お話だけの指名客もいる!?客層について聞きました

    ―お客様ってどういう人が多いですか?

    年代的には、イメージだと40代、50代ぐらいのサラリーマンです。真面目な方とか優しい方とか。ご指名で来ていただいてる方は、お話だけしに来てくださる方とかもいらっしゃいます。

    ―30分間お話だけですか?

    指名なので90分とかです。なので一緒にテレビ見て、一緒にお菓子食べて(笑)それでお話だけで来てくれるような方とかもいたりとかして。こんなこと言っていいんですかね。分かんないですけど(笑)

    ―大丈夫ですよ!結構働きやすそうですね。一番初めの頃のメンズエステのイメージとかなり違いますよね。

    そうですね。でも「しっかりマッサージされたい」って方もいらっしゃるので、そういうときはもちろん真剣に施術しますけど。でも、お話だけの方もいらっしゃいます。

    ―自分が思い描いていたメンズエステのイメージと比較して、やっぱり結構明るくなりましたよね?

    そうですね。でも最初はメンズエステに対して、あんまり具体的に知らなくて。ただいろんなお店のホームページを見ると、結構お洋服(衣装)は際どい感じがあったりしてたので、なんかちょっと、そういう危険みたいなのはあるんじゃないかなとは思ってました。確かにそういうことをしてくる人はゼロとは言わないんですけど、でも全然私が思ってたよりは、ほんとにすごい真面目にというか、きちんとマッサージを受けてくださって、コミュニケーションもきちんと取ってくれるお客様が多いので。働きやすいです。

    高収入のお仕事のメリット・デメリット

    ―ななさんの思う高収入のお仕事のいいところってありますか?

    やっぱりちょっと気持ちに余裕ができるところです。お金が結構大変だったりすると、余裕がなくなってギスギスしてしまったりするので。なので、そういうところはいいところだと思います。

    ―逆に悪いところってありますか?

    自分がしっかりしてれば防げますけど、中にはガーッてくるようなお客様とかもいらっしゃったりするので。

    ―そういう時は、スタッフさんが助けてくれるんですか?

    スタッフさんは「そういうときはどんどんお部屋を出てきちゃってください」って言ってくれてます。なんか結構、我慢しちゃう女の子とかもいるみたいなんですけど、そういうのは我慢しないで出てきてくださいって。なので、常にいてくれるんで。そういうところは安心です。

    月収45万円!お給料の詳細

    ―『Men’s Season(シーズン)』の今の月収ってどれくらいですか?

    月収は大体45万円ぐらいです。お金は母の治療代と、普通の自分の生活費…家賃とか光熱費とか食費とかに使っています。

    ―1日でいうと、平均どれくらい稼がれてますか?

    私は大体日収2万5000円ぐらいですかね。最高金額は1日4万7000円が最高でした。

    ―4万7000円ってすごいですね!ななさんは、あんまり1日で一気に使うタイプじゃないですよね?堅実に貯金に回してそうです。

    そうですね(笑)、なるべく。これからもっと頑張ります。

    ―貯金の目標金額とかってありますか?

    とりあえず200万円は貯めたいです。

    今後の目標や、お仕事を始めてから変わったこと

    ―稼げるようになって、コールセンター時代と比べて何か生活に変化とかってありますか?

    やっぱり少しお金に余裕があるようになってから、生活とか気持ちにも余裕ができてきました。

    ―気持ちに余裕があると、生活も変わってきますからね。今、夢とか目標とかってありますか?

    将来、自分で何かできたらいいなっていうのは思ってるんですけど。

    ―起業ですか?エステ・マッサージ店開くとか。

    そういうのとか。何かできたらいいなと思っていますけど、まだそこまで決まってないですね。

    ―200万円ぐらい貯めるっておっしゃってましたけど、それ貯まってからもこのお仕事は続けられますか?

    うーん…。母の状態が良くなければ、もしかしたら考えるかもしれないですけど、今のところまだ決めていません。

    ―状況に応じて、ですね。生活面以外で、このお仕事を始めて自分が変わったって思うこととかございますか?

    すごい人見知りだったので、お客様の所に行くその最初の入りとかがすごい苦手だったんですけど、だいぶ自分がお話とかができるようになって。わりとなんかこう、若干社交的になった気はします(笑)

    未経験の女性たちに向けてメッセージ

    ―この記事を読んでる方は業界未経験の方も多いので、求人に対してちょっと戸惑っていたり、応募する勇気がない方もいると思うんです。そうした女性に向けて、ななさんから何か一言お願いいたします。

    今は不安とかすごいあるかと思うんですけど、そこまで自分が思ってるよりは怖くないというか、死にやしないのでっていうか(笑) 駄目だったら辞めてしまえばいいぐらいの気持ちで。

    ―そうですよね、やってみないと分からないですからね。

    (店長)やらなきゃ駄目だよ、それも3回ね。俺言ったよ、面接でも「3回やって」っていつも言う。こっちは3回やってもらって判断するし、女性側も3回やってもらって判断してくださいと。稼げる稼げないも、その日の差があるんで。

    ―1日だけじゃ分からないですからね。

    (店長)そうそう。まあ、石の上にも3回って言うんで。

    ―3回(笑)「石の上にも3年」ですよね(笑)

  • インタビュー記事

このインタビューを見た方は他にこんなインタビューを見ています

   
スマホ・携帯にも対応

検討中の店舗

検討中店舗が 0 あります

検討中一覧へ

オススメ店舗

関東エリアの
オススメ人妻風俗求人店舗一覧

QUOカード3000円分プレゼント!!
風俗求人、高収入バイト募集【はじめての風俗アルバイト】
高収入男性求人【俺の道】
PageTop
会社概要  |  広告掲載基準・広告規定 / 求人掲載について  | リンクについて  | 免責・青少年保護  |
閉じる

当サイトは高収入アルバイトのお仕事を紹介しています。18歳未満(高校生含む)の方は閲覧をご遠慮ください。