風俗キャストインタビュー

大阪日本橋にある人妻デリヘル『未熟な人妻』に在籍の「望月さおり」さん(27)にお話を伺いました!!
お店では月収80万円を稼ぐ「さおり」さん。お昼はネイリストをされており夢は「自分のお店を持つ」こと。お店はアットホームな雰囲気で「店長は優しくてイケメンで気が利く!」と語ってくれました♪
望月さおりさん(27)
未熟な人妻
十三/新大阪/梅田デリバリーヘルス

Interview 2017.12.28

未熟な人妻 / 望月さおり

―実際にお店で働く、さおりさんに直接インタビューして来ました。

―では、インタビューをさせて頂きます。よろしくお願いいたします。

お願いします。

―まず、失礼なんですけどもお名前とご年齢をお伺いさせてもらっても大丈夫でしょうか?

はい。望月さおり、27歳です。

―こちらのお店の入店歴はどれぐらいでしょうか?

半年?7ヵ月ぐらいです。

―勤務時間も教えてほしいんですけども、何時から何時ですか?

勤務時間は20時から翌朝4時までですね。

―週どのぐらい働かれてるんですか?

週に3~4回。

―すみません、さおりさんは今、ご結婚は?

してないです。

昼職はされてますか?

してます。

―あ、してるんですね。ちなみにどういったお仕事ですか?

ネイリストです。

―このお店が週3~4回で、ネイルのお仕事はどのぐらい入られてるんですか?

週5日です。

―結構つらい曜日もあるわけですね。週のうち3~4回は。

そうです。

―OKです。さおりさんは今お1人暮らしですかね?

そうです。

―次に面接のときのことについて伺ってみました。

―最初に、こちらの『未熟な人妻』を見つけた方法を教えてくださいますか?

普通にサイトで見つけました。

―求人サイトですかね。なんて検索したら出てきたか覚えてますか?

覚えてないですね。でも求人見てて出てきました。

―面接はどちらで行いました?

この事務所です。

―面接時間は何分ぐらいでしたか?

30分から1時間くらいです。

―結構長いですね。面接官の人とは一対一ですよね?

一対一です。

―面接官についてお伺いいたしました。

―半年前になっちゃうんですけど、面接官の方ってどういう方でしたか?

面接官は32歳の男の人で結構気さくな感じの方ですよ。話しやすい雰囲気でした。

―面接自体も結構とんとん拍子で…といった感じですかね?

そうです。

―次にこの日本橋エリアを選んだ理由について伺ってみました。

―スムーズにいったと。では、さおりさんがこのミナミのエリア、日本橋エリアを選んだ理由を教えてもらえますか?

家が結構近いからですね。

―徒歩圏内ぐらいのレベルですかね?

徒歩ではないんですけど家から比較的近いですね。

―ちなみにこのネイリストのお仕事はミナミなんですかね?

そうです。

―次にこのお店に決めた理由をお伺いしました。

―じゃあ便利ですね。次はこのお店を選んだ理由なんですけど、さおりさんはこのお店で働く前に他のお店も何店舗か行かれたんですか?

行ってないです。

―あ、もうピンポイントで。

そうですね。でも面接がすごくしゃべりやすくて「あ、もうこのお店が良い」って思ったんです。スタッフさんの様子とか楽しそうな雰囲気を見て。

―1店舗目の面接で良いなって思ったんですね。

はい。

こういうお仕事自体は初めてなんですか?

初めてです。

―次に実際働いてみて求人の内容と違いがなかったか伺ってみました。

―ここが1店舗目なんですね。では、求人サイト見られたじゃないですか?そのサイト内に書かれてることと実際に働いてみて何か違うことはありましたか?

それは一つもなかったです。

優秀なお店さんですね。

むしろそれ以上ぐらいです。

―あ、なるほどですね。優秀過ぎますね。

フフフフフ。(笑)

―次に体験入店について伺ってみました。

―さおりさんは体験入店はされましたか?

体験してないです。

―しないんですね。未経験でも体験入店はなしで…。

そうですね。

―講習はあったんですか?

講習もないです。

―あっ、結構もういけるだろうみたいな感じだったんですかね?

そうですね。口頭講習だけなんですよ。

ある程度の流れだけ聞いて行ってみて…っていう感じです。

―取りあえず、やるっきゃないなっていう感じですね。

そうですね。

―OKです。では、面接してどれぐらいで入店しましたか?面接してすぐだったんですかね、それとも何日か考えられましたか?

そんな考えてなかったです。取りあえず最初は週1回、土曜日だけ出勤してたんで、また次の土曜日にっていう感じでしたね。そこから出る日数が増えていったんで。

―じゃあ面接してから、その週末ぐらいにはもう普通に出勤されてたんですね。

そうです。

―例えば月曜面接してもらったらもう週末ぐらいには…っていう感じで。

そうです、土曜日に。

―分かりました。面接のときに必要だった物もお聞きしたいんですけど、何か持っていきましたか?

身分証ぐらいです。

―次にこのお仕事を始めたきっかけについて伺ってみました。

―では、ちょっと突っ込んだ話なんですけど、こういうお仕事を始めたきっかけを教えてもらえますか?

きっかけは、自分でお店を出したいからその資金のためですね。

―そうなんですね。さおりさんはこの業種で働くのも初めてですよね?

はい。

―次にこの業種を選んだ理由について伺ってみました。

―なんでこの派遣型を選んだんですか?多分いっぱいあると思うんですよ、例えばファッションヘルスとか受付型のホテルヘルスとか…。

特に何もこだわりはなかったんです。(笑)

―キャバクラとかではなく風俗を選んだのは何でですか?

手っ取り早く稼げるかなと思って。あとお酒があんまり飲めないんです。

―次に、前職についてもお伺いしました。

―得意じゃないと。OKです。では以前はどのようなお仕事してましたか?もうネイリスト1本ですかね。

はい。

―ちなみにネイリストはどのぐらいされてるんですか?

5年目です。

―次にこのお店に入店して良かったことについて伺ってみました。

―長いですね。では、この『未熟な人妻』に入店して良かったことは何ですか?

お客様がめっちゃいい人が多いことですね。優しいです。

―スタッフさんも優しいですもんね、基本は。

めっちゃ優しいです。

―次にお店の雰囲気や環境について伺ってみました。

―では、ちょっとかぶっちゃうんですけど、お店の雰囲気とか環境はどうですか?

非常に良い!

―非常に良い。

融通も利くしちょっとわがままも聞いてくれる。

―割かし自由な感じなんですね。

はい。

―次にお仕事を始める前と働いた後でイメージの違いがなかったか伺ってみました。

―さおりさんがここで働く半年前までは、この業界に対するイメージがあったと思うんですよ。正直、どんなイメージを持ってましたか?

やっぱちょっとブラックな感じなんかなっていうのはありましたね。

―実際、働いてみてどうですか?

今は楽しいですね。お客様も本当に優しいし働きやすいしイメージ変わりましたね。

―ブラックからホワイトに。

そうですね、ホワイトに。

―次にアリバイ対策について伺ってみました。

―では、ここで働かれていることはご家族やお知り合いは知ってるんですか?

知りません。

アリバイ対策は何かされてますか?

特に何もしてないですね。

―1人暮らしですもんね。

はい。

―ちなみにお友達も知らないんですか?

友達も知らないです。

―誰も知らないんですね。もう1つのお仕事もミナミじゃないですか、知り合いに会うみたいなことはないんですか?

ないです。仕事のときは家の前まで迎えに来てくれて、あとずっと移動じゃないですか。

―あ、そうですね。迎えに来てくれるんですもんね。

見られることはないですね。

―デリバリーされた派遣先がお友達の…とかってのもないですか?

男友達はほとんどいないので。

―次に待機中の事について伺ってみました。

―OKです。では、待機場のことについてもお聞きしたいんですけどこのお店は集団待機と個室待機どちらですか?

集団待機です。

―日によってバラバラだと思うんですけど大体何名くらいで待機されてるんですか?

多かったら、5~6人ぐらいですね。でも私はあんまり待機してないです。私は待機したことないんです。

―個室もあるんですかね?

1人だったらこっち使って…ってあるんですけどそんなに数があるわけじゃないです。

―そうなんですね。でも待機したことないってすごいですよね。

はい、待機したことないです。

―次にスタッフさんの事について伺ってみました。

―店長さんってどんな人ですか?

ウフフフフ。(笑)男前です…。(笑)

―まあ、男前は間違いないですよね。イケメンだと。

優しくて、優しくてイケメンで…。

―優しいイケメンで…。

話も聞いてくれるし、気も使ってくれるし最高です…。

―出てきますね、わんさか出てきますね。基本、怒ったりとかもされないですか?

あ、1回もないです。

―優しいですね、基本は。

私は怒られたことない。

優しい、イケメン、気を使ってくれる。その三拍子があるんですね。

そうですね話しやすいし…。

―次に気になる収入面について、良い所や悪い所も含めて色々伺ってみました。

―うん、完璧ですね。OKです。では、さおりさんが思うこの高収入のお仕事のいいところと悪いところを教えてもらえますか?

お金がすごい貯まりますね。

―他になにかありますか?

悪いところ。

―あ、悪いところいきますか。

やっぱりお客様の合う、合わんってあるからそこですかね。

―それはもう仕事だから切り替えてじゃないけど…。

そうです。

―いいところがお金じゃないですか、逆にそのことで金銭感覚ズレてきちゃったりはしないですか?

全然ズレないです。

―えー、凄いですね。

ああ…でも今月結構服買ったかな…?

―それぐらい別にいいと思います。

―では、お金の話になってしまうんですけど、さおりさんのここだけの月収を差し支えなければ教えていただけたらな、と…。

月によって違いますね。

―週3~4回の、20時~4時とかなんでどのぐらいですかね?

50万円以上かな?

―50~60万円ぐらいですかね?

うん、そうですね。1日平均が大体、5万円なんで。

1日平均が5万円ですか?

ウフフフフフ。(笑)

5万円を週4で20万ですよね?20万掛ける、週4日…。

それ言ったら、出ますよね。

ウフフフフフ。(笑)

―80万円ですね!すごいな…すごいですね。

―もうお店開けるんじゃないかと思うんですけどね、僕的に。(笑)もうあと数カ月すれば…。

年金もらえないんで、それも気にしてるぐらいです。

―ああ、なるほどね。

フフフフ。(笑)

―まだ、先ですね。ではそのお金は一体何に使っていますか?

貯金ですね。通帳見てニヤニヤする。

―ああ、いいですね。

―ぜひ、見たいですね。

フフフフフ。(笑)

―では、先ほど1日平均5万円だと聞いたんですけど、この半年間で1日最高どれぐらい稼がれましたか?

9万円です。

―9万円!1日で。20時~4時で9万円ですか?

延長8時間。

―延長8時間!

フフフフフ。(笑)

―えっ、何それ。延長じゃないですよ。

60分からの延長8時間。

いいお客様です。

―すごい。8時間…すごい。では稼いだお金はあんまり使われないですかね?最近洋服買われたっておっしゃってたんですけど…。

洋服買いました。洋服とお化粧品買いました。

―さおりさんはこの店入られてから何か大きい買い物はしましたか?

一番金額が高いものですか?

―はい。旅行とかでもいいですよ。

テレビですね。

―テレビ。何インチですか?

70インチ。

―でっか!

でも35万円やったんですよ。

―でもって…高いですよ。

あれやったら安いほう。50インチ超えたら、めっちゃ金額上がるんですよ。

―へえ。70はだいぶデカいですもんね。ご自宅のテレビですか?

そうです。

―僕70インチのテレビなんか置けないすよ、部屋に。

―ベッドくらいですよね、フフフ。(笑)

フフフフフフフ。(笑)

―もう家が半端ないってのが分かりましたんで、次に行かせていただきます。では、さおりさんの貯金はおいくらあるんですかね?

あ、答えたくないです。

―次に生活の変化について伺ってみました。

―ですよね。すみません。では、次です。この半年間で、多分お金はかなり増えたと思われるんですけど生活の変化って何かありましたか?まあ先ほどのテレビを買い換えたとか…この半年で引っ越したとか…。

特に変わってないですね。

―あんまり贅沢とかはしないですか?

しないですね。

―次に夢や目標について伺ってみました。

―いいですね。金銭感覚しっかりされてるんですね。OKです。次は夢や目標についてお聞きしたいんですけど、夢はお店を出すことですかね?

はい。

―何歳までに出したいとかはあるんですか?

2~3年後ですね。

―30歳ぐらいですね。

そうですね。それまでには。

―お店を出すのにはどのぐらい必要なんですかね?目標金額とか定めてますか?

いや、取りあえず今はもう漠然と働いて貯めてます。

―てっぺんは決めてないと。

うん、もう本当に一生分くらい貯めたいですね。

―2~3年で貯まりますかね?

お店はそりゃあ2~3年やけど貯金自体はずっと続けていきたいです。

―あればあるだけいいですもんね。

いや、もう年金もらえないんで。フフフ。(笑) 結婚もしないんで1人で生きていけるようにと思って。

―いいですね。では次の質問はちょっとかみ合わない感じになってしまうんですけど目標金額が「一生分貯めたい」ってことだったんですけど一生分貯めた後もこのお仕事は続けますか?

続けない。

―最初は若干続けるんですかね?

そう思います。

―軌道に乗るまではね。

うーん。じゃないと不安ですね。

―次に前職と比べて収入がどのくらい増えたかお伺いしました。

―今は二足のわらじじゃないですか?ネイリストだけの時と比べて収入はどれぐらい増えましたか?何倍とかでも大丈夫です。

ネイルの方は20万円ちょっとなんで…。

4倍ですか。

フフフフフ。(笑)

―次に内面の変化についてお伺いしました。

―すげえな…。だって10万台じゃないですかね、ネイリストのお仕事って。僕も知り合い何人かいますけど。ですよね?OKです。では次ですね。この仕事を始めてさおりさん自身が変わったと思うこと。さっきは生活面をお聞きしたんですけど、内面的になにか変わったことありますか?

何も変わらない。

―男性を見る目も、大して変わらないですか?

変わんないです。

―次にお店の最大の自慢を教えてもらいました。

―へえ。変わらないんですね。ではお店の自慢を一つ挙げるとするならば、何でしょうか?

働きやすくてみんな優しいし居心地もめちゃくちゃ良いです。

―最後にさおりさんからこれから働こうとしている皆さんや迷っている皆さんに向けて心強い一言を頂きました。

―では次です。これを読んでる方がそれこそネイリストだったり未経験の方も多いんですけど、「働こうかと思ってるけどやっぱり怖くて勇気が出ない」っていう方が多いんですよ。どうしても持ってるイメージのせいで最初の一歩が踏み出せないんですよ。そういう人たちに向けて何かアドバイスを頂けますか?

最初は緊張して、できるかな?できないかな?って思うかもしれんけど行ってしまえば全然イメージは変わってくると思うし思ってるより全然クリーンですよ。

―一般企業というか…難しいですね。ホワイトでクリーンな感じでやられてると。お店のほうからは何か待遇とかはありますか?

送迎がある。

―お家にお迎えに来るんですよね?

そうですね。

今、送りはありますけど迎えはないっていうところも多いんですよ。電車とか乗って通ってる方も多いですね。そうしてるのは若干遠い方ってのもあるんですけどね。

うちは基本的にはどこでも…。

―本間ですか!どこでもですか?

市外でも。

―市外!結構遠いですよ。

遠い子だと高槻とかですね。

―いいですね。家まで来てくれるのいいですよね。マネージャーさんみたいすね。OKです。ではインタビューは以上です。

はい。

―有難うございました。

有難うございます。

他のインタビューを見る

はづき
将来の夢は起業もアリ!?人妻熟女系ホテヘル『ギン妻パラダイス京橋店』で働く、はづきさん(48)にインタビュー!
はづき/ギン妻パラダイス 京橋店
京橋デリバリーヘルス
水田ちえみ
「癒される」と言ってくださるお客様が多くて自信が持てる!人妻・熟女系ホテルヘルス『ミセス大阪日本橋店』の水田ちえみさん(49)にインタビュー♪
水田ちえみ/ミセス大阪日本橋店
日本橋ホテルヘルス
胡蝶
目標は「どんなお客様でも気軽に呼んでいただけるキャストになること」です。奈良のデリバリーヘルス「ただ離婚してないだけ」で働く胡蝶さん(36)にインタビュー♪
胡蝶/ただ離婚してないだけ
日本橋デリバリーヘルス