風俗店で働く人妻さん必見!おすすめのアリバイ対策

お店側が行ってくれる安心の対策

風俗店で安心して働くために

初めて風俗で働く方は、色々な不安や疑問がつきものです。短時間で高収入を得ることができるといったメリットがありますが、一番の心配は知っている人に風俗店で働いていることがバレてしまうのではないかという心配です。

人妻さんの方の場合、旦那様や知り合いの人にバレてしまったら大変です。今までのように穏やかに生活できなくなってしまうかもしれませんし、せっかく見つけた高収入の風俗店のお仕事を辞めなければいけなくなってしまうかもしれません。こんなトラブルに合わないためには、しっかりアリバイ対策を行ってくれている風俗店で働く必要があります。
また、自分でできる対策もチェックしてみましょう。

まずは基礎知識を身につけよう

アリバイ対策には、風俗店が行ってくれる対策と自分で行う対策の2種類があります。
風俗店が行ってくれるのは、旦那様や知り合いに風俗店で働いていることがバレないようにサポートしてくれる対策となっています。風俗店ではホームページを用意しているところがほとんどですが、通常は在籍している女性の写真には加工をして掲載しています。そのため、もし知っている人が自分の働いている風俗店のホームページで写真を見たとしても本人とは分からないレベルになっています。

今は写真の修整技術が進んでおり、フェイスラインだけでなく目元や口元も上手に加工することができます。さらに身体のラインも加工できますので、自分が在籍している風俗店のホームページで写真をチェックされたとしても旦那様や知り合いに勘付かれることはありません。

店内で行える対策法

店舗型の風俗店で働いている場合、店内で行える対策法も数多くあります。
まず、店舗型の風俗店では、店内カメラで来店してくれたお客様を確認することができます。風俗嬢が事前にお客様を確認のうえで接客できるので、もし知り合いが来店したとしても接触を避けることも可能です。
また、マジックミラーが用意されている店舗もあるため、事前にお客様をしっかり確認できます。もちろん、相手からは自分が見えていないので安心です。
風俗店のホームページに掲載される写真や店内カメラ、マジックミラーなどの対策は、ほとんどのお店で取り入れられています。そのため、旦那様や知り合いに風俗店で勤務していることをバレるリスクを軽減することができるでしょう。

アリバイ専用の電話も用意されています。

もしも家族から電話がかかってきたら?!
旦那様に勤務先の電話番号を教えて欲しい。
こんなトラブルもあるかもしれません。
しっかりとバレ対策を行っている風俗店であれば、アリバイ専用の電話回線が用意されています。もし、家族や友人から電話がかかってきたとしても上手くスタッフが交わしてくれるのでバレることはありません。

アリバイ専用の電話回線を用意している風俗店は、身バレを防ぐ為に一般企業名で在籍していることを証明してくれる対策も行っています。なかには、支払われるお給料の明細においても一般企業名で発行してくれるため、家族に気づかれること無く長年にわたり風俗店で働き続けることができたという女性もいます。
もし、旦那様や知り合いに風俗店で働いていることを絶対にバレたくないと心配している人妻さんがいたら、前述したような対策をしっかり行っている風俗店を選んで働くことをおすすめします。

デリヘル店で行う対策法

現在、人妻系を専門としたデリヘル店が増えています。男性からの人気も高く、年齢を問わず主婦の方が働けるのも魅力です。もしデリヘル店でお仕事をするなら、自宅近くのお客様の接客をNGにすることもできます。
自宅周辺はもちろんのこと、昼間働いているパート先の周辺や子供の学校周辺などでお客様から指名が入ってもお断りすることも可能なので、安心して働くことができます。

結婚している方や小さなお子様の子育てをしながら風俗店で働いている女性も多くいます。長く風俗店で働いていくためには、しっかりと身バレ対策を行うことが大切です。風俗店で働く前に、オーナーやスタッフにきちんとバレ対策を行いたいということを伝えておくと安心です。そうすることで、お店全体で働く女性を守ってくれます。
長く安心して働きたい方は事前にオーナーやスタッフに相談しておきましょう。風俗店で働いていることを家族にはバレたくないという気持ちを持っている方が大半ですから、必ず力になってくれるはずです。

自分で行える対策も実践してみましょう

簡単にできるバレ対策とは

お店側に対策してもらう他に、簡単に自分でできる対策法もあります。
女性の中には、働いている風俗店にしっかり対策を行ってもらい守ってもらえていたのに、自分のミスで家族や友人にバレてしまったという方もいます。知人バレ・旦那バレするパターンはこういう「自分のうっかりミス」がほとんどなので、十分に気を付けていきましょう。

旦那様にバレてしまうミスとは?

風俗店で働いていることを旦那様にバレてしまった。
こんなトラブルは、携帯電話の通話履歴などを見られてしまうことで引き起こされてしまいます。
メールや電話、LINEなどでお店側とやりとりを行うことがほとんどですが、これを旦那様や友人に見られてしまうとすぐに風俗店で働いていることがバレます。
このようなミスを犯さないためには、お店側との連絡履歴を削除することが大切です。お店から連絡があるたびに履歴を削除することはとても面倒ですが、旦那様や友人にバレたくないのであれば、やっておきたい対策法のひとつです。
この他、LINEの送信ミスを防ぐためにあえてお店とは電話でのみ連絡をしている、という女性もいます。

大金を手に入れたからといって使いすぎも注意

よくやりがちなミスは、風俗店で働いてから生活が派手になってしまうことです。風俗店で働くまでは質素な生活をしていたのに、急に大金を使うようになってしまったら周囲から違和感をもたれてしまうでしょう。
風俗業界で働くと驚くほどの高収入を望めます。1日働くだけで3万円から10万円ほどの大金を得ることも夢ではありません。
そのため、毎日のように大金を手にしてしまうと金銭感覚が以前と大きく変わってしまうという方もいます。

以前は絶対に買わなかったブランド品を買った、メイクが派手になったなど生活態度が変わってしまうことで、毎日一緒に生活している旦那様には違和感を抱かれます。風俗店で働き始めた多くの女性がやりがちなミスとなっているので、なぜ風俗店で働こうと思ったのかを見つめ直し、しっかりと金銭感覚を養うことが大切です。

大切な旦那様やお子様、友人に風俗店で働いていることがバレないように必要以上に気を引き締めていきましょう。

アリバイ会社に頼むこともできます。

念入りに対策する方法

自分自身のミスが無い限り、アリバイ対策は成功すると言われていますが、より念入りに対策したいならアリバイ会社を利用してみるのもおすすめです。現在、安心してバレ対策を行ってくれるアリバイ会社が数多くあります。様々なサービスを提供してくれているのでチェックしてみましょう。

例えば、一般企業名で名刺を作ってくれるサービスです。
見た目は普通の名刺となっていますが、しっかりと確認してみると住所や電話番号だけでなく、メールアドレスもちゃんと記載されているので、神経質な性格の旦那様でない限り偽物だと気づかれることはありません。
もし、旦那様やお付き合いしている彼氏、友人に働いている会社の名刺を見せて欲しいと言われてしまった際にも堂々と名刺を見せることができるので安心です。

驚くことに名刺に記載されているメールアドレスにおいてもしっかりと対策されています。
通常、一般企業の名刺に記載されているメールアドレスの@マークの左側は会社名を使用しているところがほとんどです。
アリバイ会社で作成してくれた名刺もしっかり一般企業名のメールアドレスとなっています。
もちろん、旦那様がそのメールアドレスにメールを送ったとしてもちゃんと自分専用のアドレスにメールが送られてくるので返信することも可能です。

電話をかけられても問題ありません。

名刺に記載されている電話番号に連絡されてしまったとしても心配ありません。複数のアリバイ用の電話が用意されているため、もしも旦那様が電話をかけたとしても一般企業に勤めている形で対応してくれます。
電話でアリバイ対策を行ってくれるスタッフも丁寧な受け答えができる人物となっているため、しっかりとサポートしてくれるでしょう。席を外していたとしても営業に出ている、お客様の対応をしているなどと伝えてくれるので、風俗店で働いていると疑う旦那様はまずいません。

お給料の書類も本物そっくり

働いた際にもらえるお給料の明細書でもアリバイ対策が行えます。
会社名で給与明細を発行してくれるのはもちろんのこと、そこに記載されている給与も一般企業でもらえるくらいの金額を記載してくれています。
通常、風俗店でお仕事をすると高収入を得ることができますが、アリバイ用の給与明細に記載されるのは20万円ほどの金額です。そのため、旦那様に給与明細を見せても気づかれることはありません。

しかしアリバイ用のものとなっているので、公的な書類として使用することはできません。賃貸契約などで必要になる審査のための書類として提出することはできないので気をつけてください。
この他にも源泉徴収票や在籍証明書、就労証明書などを発行してもらうことも可能です。
しかし、これらは契約時などで証明の変わりに使用することはできません。

旦那様に疑われない方法

 

風俗店で働く主婦・人妻さんが増えています

風俗で働くのは、独身の若い女性だけだと思っていませんか?しかし最近では、30代以降の人妻さんで風俗店で働く人が増えています。風俗店で働く理由は人によって様々ですが、最も気をつけたいのは旦那バレです。
風俗店の場合、需要が高いのはやはり夜となっていますが、最近では昼間に営業しているお店も増えています。旦那様が仕事に行っている昼間の時間帯だけ働くのであれば、バレるリスクは高くありません。

風俗店で働いている女性は旦那様にどう説明するのか

実際に風俗店で働いている人妻さんの多くは、旦那様には「パートで働いている」と答えている方がほとんどです。アリバイ会社などを利用して一般企業に勤めているとアリバイ工作を行っている方も少なくありませんが、中にはテレフォンアポインターの仕事をしていると伝えている方もいます。
なぜ、テレフォンアポインターなのか?
その答えは、旦那様が職場に訪ねてくるリスクが無いからです。
スーパーやコンビニ、一般企業などの場合、いつでもお客様として足を運ぶことができます。しかしテレフォンアポインターは、電話やパソコンを目の前にしてお客様の対応をひっきりなしに行っている仕事というイメージを持つ方が大半です。
そのため、わざわざ忙しく働いている職場に足を運ぼうと思う人はそう多くはありません。
さらにテレフォンアポインターの仕事は、女性の多い職場ですから、多くの旦那様は自分の妻が浮気をするというリスクは全く考えていないでしょう。

この他、派遣の仕事をしていると説明したり、アリバイ対策をかねて普通の昼職についている場合もあります。
一般職のパート・アルバイトは「金銭感覚がおかしくならないようにするため」にも続ける人が多いので、風俗バイトに比べて給料が安いなと思っても続けていて損はありません。

旦那様が神経質な性格の場合

一番困ってしまうのが、旦那様が神経質な性格の方の場合です。
女性でもイキイキと外に出て仕事をすべきと、主婦が働くことを応援してくれる旦那様だったら、細かく仕事のことを根掘り葉掘り聞かれることもないでしょう。
しかし、神経質で嫉妬深い旦那様の場合は要注意です。
自分の妻のことは、どんな小さなことでも知っておきたいという気持ちが強く、あれやこれやと聞かれる可能性があります。
妻側もこれを上手く交わすことが大切ですが、いつどんなことを旦那様に聞かれても受け答えがスムーズにできるよう、事前に準備しておくことをおすすめします。

安心して働ける風俗店探し

 

体験入店を利用してみよう

初めて風俗店で働く女性は、お店選びが不安ですよね。実際に働いてみたら自分が思っていたような仕事内容ではなかったというトラブルもあります。このようなトラブルに悩まされないためには、しっかりと自分に合った仕事探しをしなければいけません。

ただ時給が高いからという理由だけで働く風俗店を決めてしまうと、こんなはずではなかったとガッカリしてしまうこともあるでしょう。実際に働いている方の体験談や口コミなどを参考にすることもできますが、やはり自分の目で見て知りたい部分もあると思います。
そこでおすすめしたいのが、体験入店です。
多くの風俗店では、お店の雰囲気や仕事内容をしっかりと確認してもらう為に体験入店をおすすめしています。実際にお店に入って仕事内容を確認することができるので安心です。

安心して働く為に確認したいこと

風俗店で安心して働きたいなら、いただけるお給料を確認することも大切ですが、しっかりとバレ対策を行ってくれる信用できるお店なのかをチェックしなければいけません。
多くの風俗店で旦那様や友人、知り合いなどにバレない対策を行ってくれていますが、全ての風俗店できめ細かく行っているわけではありません。そのため、絶対に人に風俗店で働いていることはバレたくないと思っているのであれば、どんな対策を行ってくれるのかを確認することをおすすめします。大手の風俗店の場合、アリバイ会社と提携しているところもあります。

現在、主婦の方が高収入を得られる風俗は数多くあります。
人妻専門のデリヘルやソープ、エステ、マッサージ系など、ジャンルは様々です。これらのお仕事は、容姿も多少、重視されますが、コミュニケーションやテクニックも求められます。しっかりと腕を磨くことで指名客を掴み収入をアップしていける世界となっているので、年齢を気にせずに稼ぎたい女性におすすめです。
まずは、自分に合ったお店探しをして体験入店することから始めてみましょう。
その際には、しっかりと不安や疑問を解消することを忘れないでください。

アリバイ会社についての記事はこちら

アリバイ対策万全の風俗求人はこちら

The following two tabs change content below.
PE-Kusa2

PE-Kusa2

温泉巡りが好きなライター。好物は鍋。西日本の風俗事情が気になっています。温泉地に行くなら風俗街も撮ってきてと無茶振りされるも、使命を思い出すのは帰りの新幹線。